広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別世界

所用で出かけた。
事務所から、たった3キロそこそこしか離れていない峠。
広島市森林公園と広島県緑化センターに挟まれた林道。
熊野や海田、呉、黒瀬へ行くにはとっても便利な道路だ。
標高は、400メートルでもあろうか。別世界

一週間以上前に降った雪がまだ残っている
ある程度、予想はしていたがすごい。
スポンサーサイト

ああ!年賀状

やっと、年賀状の半分以上が出来上がった。
でも、まだ200枚くらい残っている。

ああ!年賀状。年賀状

仕事納めとはいかない

机の上の山のような書類を横目に、今日は1ヶ月ぶりにHPを更新した。

この書類に目を通し、片付けるのにたぶんまる2日はかかりそう。
しかし、明日はまだ予定があるし、年賀状も手つかず。

仕事納めは、まだまだ先だ。

散髪

僕は散髪は嫌いだ。
他人が、刃物を持って背後にいると思うだけで落ち着かない。

いつも、クライアントの店でオーナーにカットしてもらっている。
とても、温厚で腕の良いオーナーだ。
よく知っているので、全くの赤の他人とは違う。

前回カットしたのが3ヶ月前。
さすがに、伸びすぎた。
明日髪を切りに行ってくる。

交通事故には気をつけよう

年末は、危険な運転をする人が目立つ。
今日は、もうちょっとのところで死亡事故に遭遇するところだった。

国道2号線の片側一車線道路でカーブの連続区間。
大型車がひっきりなしに通っていて、交通量は多い。
運転速度は時速50キロくらい。
僕の前を走っていた軽自動車。
お年寄りマークを付けている。
カーブのたびに、中央線をはみ出す。
ひどい時には、車全体が反対車線に。
僕は、かなりの車間距離をおいている。

対向から大型トラック、前の車は半分位中央線を越えている。
これは、やったと思ったが間一髪トラックが路肩によってなんとか避けた。
一瞬トラックドライバーの顔が目に入った。
とても驚いた顔。
たぶん、血の気が引いたと思う。

前の車は、それからしばらくして広いところで止まった。
飲んでいたのか、眠っていたのか。
それとも、老化で運転の適正がなくなっているのか。

もし、ぶつかっていたら間違いなく死んでいただろう。
あのトラックドライバーも今頃誰かに話しているかもしれない。
人殺しにならなくてよかったと。
かなりの車間を空けていた僕も、事故に巻き込まれていたかもしれない。
ここで、こんなことをブログに載せている場合ではなかったかも。

とにかく交通事故には気をつけよう。

豊平馬事公苑は大雪です

豊平馬事公苑大雪

今日は、久しぶりに良い天気だったので豊平馬事公苑のあしげや、えいぞうに会いに行ってきた。

なんと、予想以上の大雪。
馬場は、1メートル近くの積雪。
これでは、馬に乗るどころではない。

でも、みんな元気そうで安心した。

年の瀬はせわしい

今日最後の税務調査が終了した。
この連休は少しはゆっくりするかと思っていたが、そういえば年賀状が全く手つかずだ。
HPの更新もしなくてはいけないし、HPのリニューアルもしたい。
新しい年まで、10日しかない。
更新はともかく、リューアルは来年だ。
年の瀬は、とにかくせわしい。

税理士の名義貸し

西村真悟・民主党衆院議員の弁護士の名義貸し事件頃から僕のHPを訪れる人の中で、「名義貸し 税理士」というサーチワードで検索してくる人が増えている。
驚くことにYHOO!でもGoogleでも僕のサイトの「続こんな税理士には気をつけよう!」が最上位に表示されている。

名義貸しをしている又はそれらしき行為をしている税理士がいることは事実だろう。
ニセ税理士を排除しなくてはならない立場の税理士が、ニセ税理士に名義を貸すなんてもってのほかだ。

支部役員会

昨日は、税理士会海田支部の役員会。
先日の海田間税会からの案内で紹介したことが議題にあがった。

みんな僕より心が広く笑って済ませるかと思いきや、僕より怒っている役員もいた。
支部長のところへ、海田間税会の会長と安芸法人会の事務局長が謝罪に来るそうだ。
税理士会海田支部と海田間税会、安芸法人会との関係に亀裂が入ることを防ごうということだろう。
でも、何故こちらが怒っているのか本当に分かっているのだろうか。
「同じ税理士の話は聞きたくありませんか」というレベルの話をしていたのでは、分かってはいないだろうな。

犬は喜び屋根駆け回る

隣のパピ

『雪やこんこ あられやこんこ 降っても 降っても まだ 降りやまぬ 犬(いぬ)はよろこび 庭(にわ)かけまわり ねこはこたつで まるくなる』という有名な『雪』という歌があります。
本当に犬は喜んで庭をかけまわったりするのかと思いきや、隣のパピちゃんは喜んで屋根をかけまわっています。
普段は、寒い日は出てこないのですが、雪は大好きなようです。
今日は、朝から夕方までずっと屋根の上にいました。

ところで、この歌の「こんこ」という歌詞は、「来い来い」という意味だそうです。
でも、これ以上雪は来て欲しくないです。

大雪

大雪

自宅の窓から、庭を撮ったところです。
この春僕が作ったバーベキューコンロも、昨夜から降り続いた雪で埋まってしまいました。

先ほど、日本実業出版社の企業実務の原稿をやっと書き終えメールで送ったところです。
こんな便利なメールをまったく使えない税理士も多くいますが、本当にかわいそうです。


勉強不足の税理士

今日新しくクライアントになる会社の人がやってきた。
前期の消費税の申告書を見て驚いた。

この会社は、消費税の改正(というより改悪)の事業者免税点制度の引き下げによって、前期初めて消費税の課税事業者になったものだ。
一目で、原則課税の方が有利なのだがわざわざ簡易課税の選択をしている。
「何か税理士から説明はあったか」と聞いてみたが、とにかく判を押せというだけだったらしい。
これによって、前期と今期それぞれ数十万円の税負担が増える。
有利不利のシュミレーションをするのは当たり前なのだが、本当にあきれた税理士だ。

先般も、他の税理士2人が過大に申告していた会社2社の、法人税の更正請求書を作ったばかりだ。
勉強不足の税理士に立て続けに3人も当たったことになる。
同業者のことを悪く言いたくないが、そういえばこの3人とも顔は知っているが、研修会では一度も顔を見かけたことはない。

税理士は、昨年度から年間36時間の研修を義務付けられたが、ちゃんと受講しているのだろうか。
ただ、僕も絶対にミスはしないという保障はない。できるだけミスをしないよう、日々研鑽する必要がある。

他人のミスを教訓に、自らを戒めなくてはいけない。

「企業実務」の原稿を書いています

今、日本実業出版社「企業実務」の原稿を書いている最中だ。
以前にも触れたが、この度は税務調査以外の記事だ。

ほぼ書き終えたが読み返してみると、何だか僕の宣伝になっているようだ。

お金をもらって、全国規模の雑誌に広告宣伝してもらえるなんてあつかましいような気がする。
でも、この記事を送ったら書き直してくれと言われてしまうかもしれない。

記事のテーマは、もう少し内緒にしておく。

脱税の方法

僕のHPに「脱税の方法」と検索して、入ってくる不届き者がいる。
確かにYAHOO!で「脱税の方法」と検索したら、僕のHPの「続・税務調査の方法は?」が表示される。

税理士のHPに脱税の方法を解説していると思っているのだろうか。
しかし、よくみれば僕のHPのいたるところに脱税の手口が書いてある。
でもそれは全部広島調査官が発見した脱税の手口だ。
広島調査官より優秀な調査官はそうそういるものではないが、税務職員も僕のHPを見ているので、これを真似て脱税すると多分見つかってしまう。

絶対にばれない脱税の手口などない。ただ、ばれにくい手口ならあるが・・・

領収証のとれない経費

よく、領収証がとれない経費は必要経費や損金に認められないのかと聞かれることがある。

例えば、自動販売機で買った飲料水だ。
自動販売機は、いくら頼んでも蹴っても叩いても領収証は発行してくれない。
建設業に携わっている人は、10時の休憩、昼飯後、15時の休憩と日に2~3回職人に飲料水を振舞う。
一日に1000円以上になることはざらで、年間にするとかなりの金額になってしまう。
現場近くに、コンビニやスーパーがある場合は、そこで買えばいいがない場合も多い。

こういった時は、ちゃんと何かにメモ書きすることだ。
僕は、クライアントにはコクヨが出している出金伝票に日付・現場名・相手先・本数と金額を記載して、記録に残すよう指導している。
税務署は疑うかもしれないが、真実ならば何も恐れることはない。
出面帳や外注費の請求書などを検討すれば、現場の人数がほぼ把握できる。

悪い税理士の口癖は、「それでは税務署は納得しませんよ。」ということらしいが、税務署を納得させるのは税理士の仕事だ。
その仕事を放棄するような発言をする税理士は、税理士として失格だ。

印紙の割印

僕のHPのアクセスの解析を見ていると、圧倒的に「税務調査」や「反面調査」等税務調査関連が多い。
これは、どの検索エンジンでも僕のHPのどこかのページが上位にヒットされるからだ。

面白いことに、「印紙の割印」とか「領収証 印紙 割印」等印紙の割印の方法を検索して入ってくることが結構ある。
確かに、検索してみると僕のあるページが上位に表示される。
しかし、そこには印紙の割印の方法などは書いていない。

これからも、そういったサーチワードで入ってくる人達が少なからずいることだろう。
実は、印紙税法第8条『(印紙による納付等)課税文書の作成者は、次条から第12条までの規定の適用を受ける場合を除き、当該課税文書に課されるべき印紙税に相当する金額の印紙(以下「相当印紙」という。)を、当該課税文書の作成の時までに、当該課税文書にはり付ける方法により、印紙税を納付しなければならない。2 課税文書の作成者は、前項の規定により当該課税文書に印紙をはり付ける場合には、政令で定めるところにより、当該課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に印紙を消さなければならない。』及び印紙税法施行令第5条『(印紙を消す方法)課税文書の作成者は、法第8条第2項の規定により印紙を消す場合には、自己又はその代理人(法人の代表者を含む。)、使用人その他の従業者の印章又は署名で消さなければならない』で印紙の割印の方法(というより印紙の消し方)をはっきり明記している。

ようするに分かりやすく説明すると、『領収証等の課税文書を作成した人は、その文書に収入印紙を貼ってその文書と収入印紙にかけ、すぐ判るように印鑑で割印をするか、サインしなくてはいけませんよ。』ということだ。
だから、×印等で消しても印紙税を納付したことにならない。

僕は税務署の調査官時代、印紙税の事務にも従事したことがあるので知っているが、案外税理士でも知っているものは少ないようだ。
このブログが、先程のサーチワードで上位にヒットすればいいのだけれど、もしそうならなかった場合は、皆様のご期待を裏切らないように、HPのどこかに割印の方法を書いてあげようかな。

営業の電話

昨日、事務所にある会社の営業担当から電話があった。
広島の情報サイトを立ち上げるので、HPを作らないかという話だ。
6ページ無料で作成すると言う。

HPはあるのでと断ると、「HPがあることは知っている。こちらはプロのウェブデザイナーが作成するから。」と言う。
それでは、僕のHPを見てから電話してきたのかと尋ねると、「見ていない。」と答える。
僕のHPのデザインが悪いのはよく知っているし認めるが、見てもないのによくこんな電話をしてくるもんだ。

「あなたのHPは、見てくれが悪いのでこうしたらきれいになる。」などと言われると話をしてみる気にもなるが、見もしないで営業をするその神経が分からない。

全国展開している会社だが、この先広島でどうなるのか楽しみに見守りたい。
そういえば、電話を切ってしばらくして僕のHPへこの会社のサーバーからアクセスがあった。

スタットレスタイヤ

先日の大雪のせいで、例年より早く今日スタッドレスタイヤに交換した。
ここは、広島市といってもよく雪の降るところ。

山陽自動車道もよく冬用タイヤ規制になるので、スタッドレスタイヤがなければ仕事にならない。

毎年思うのだが、タイヤを交換したあとは何故だか雪が待ち遠しい。
こんな気持ちになるのは、僕だけだろうか。

これから会議に出かけます

今日は午後から、税理士会広島地区連の正副支部長の会議だ。
会議終了後、忘年会があるので酔っ払って帰ったら記事が書けない。

ということで、とりあえず今日も記事を書いたことにする。
何とも横着な自分だろう。

税務調査

最近税務調査が増えたようだ。
クライアントの税務調査も最近あったが、税務調査がきっかけで新しくクライアントになっていただく場合も多い。
ここのところ連続してそんなことがあった。

税理士を替えるのは、なかなか難しいようだ。
しかし、税務調査がきっかけで替えることは結構ある。
僕が、税務署の調査官時分にも何度となく経験した。
ほとんどが、今の税理士の税務調査の対応に不満があって替わったものだ。
僕は、替わった後の税理士と「先生は、税務調査のおかげで顧問先が増えて運がいいですね。」「ええ、真鍋さんのおかげですよ。」という会話をよくしていたが、今では立場が逆になった。
本当に税務署の調査官のおかげだ。

初雪です

初雪

この冬初めての雪は、ドカ雪です。
屋根には、10センチ以上積もりました。
高速道路も通行止めです、今日午後からは高速道路を通って世羅まで行く予定ですが、その頃までには開通すればいいけど。

海田間税会からの案内

クライアントから電話があった。
海田間税会から、安芸法人会と合同で新春講演会と新年互例会を開催するという案内が来たという連絡だ。
このクライアントは、海田間税会の会長から僕が会員増強を依頼され、半ば強制的に入会させた会社だ。
他にも、数社同様に入会させた。
僕自身、海田間税会の会長から入会するように勧められたため今年入会したし、他の税理士も同様に依頼され自ら入会するとともに、クライアントも半強制的に入会させている。
当然僕のところにもこの案内は来ている。

この講演会の内容に少しカチンときた。
講師は、他支部の税理士で演題は「税のよもやま話」
「真鍋さん、これには出席しなくてはいけませんか。それに講師は税理士ですが海田支部の税理士ではないですね。なんで他の支部なんですか。」こう聞かれた。

『おいおい、海田支部の税理士に会員増強を依頼しといて、講演会には他支部の税理士を講師派遣するかい、ちょっと失礼と違うか。』
そう思ったため、海田間税会の会長に苦情を言った。
ところが、会長はなぜ僕が怒っているのか理解できていない。
「同じ税理士の話は聞きたくないのですか。」こう質問してきた。
また、講師派遣は法人会の主導だから間税会は関知していないと答えた。

僕は、そうですかとすぐ納得できるほど心は広くない。
やはり、人にものを頼んだらちゃんと筋は通してもらいたい。
近いうちに、支部の役員会もあるのでここで議題にあげたい。
他の支部役員は僕ほど心が狭くないので、「真鍋さんこまいことを言んさんな。」と言われそうだ。
だが、何か海田支部の税理士全体がバカにされているような気がしてならない。
もう金輪際会員増強には協力したくない。

PET検査

今日は、ガン検診のため広島平和クリニックへ行ってきた。

今年7月に開院した、ガンの先端医療健診センターだ。
ここで、PET検査をして頂いたが異常なし。
少々高い検査料であるが、安心料と思えば決して高くはない。
また、万一(というより100人に2名程度は異常が発見されるらしいが)ガンになっていたとしても、早期に発見されるため治癒率も非常に高い。

昨日の誕生日に、この検査のため禁酒したが、今日は安心してゆっくり晩酌したい。
ただし、ほどほどに。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。