広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライアントのHP続編

先週立ち上げたクライアントのHPにやっとYSTのロボットが巡回してきた。
早ければ2日もあれば巡回してくれるのに、この度は10日もかかった。
ただ、僕の経験上4ヶ月もかかったページがあったのでそれからすれば早いほうだ。

このページは構成上H1タグ等見出しタグは、一切使用していないので少し心配だったが、結果は最優先で狙ったサーチワードはおかげで最上位。
二番手、三番手も1ページ目から3ページ目。
まずまずの結果だ。

クライアントは大喜びすると思いきや、2番目に狙ったサーチワードももっと上にくればいいのにと欲張る。
「1ページ目の9番目に表示されるんだから不足はないでしょ。」と強引に納得させる。
これも、僕のHPが何種類もの色々狙ったサーチワードで上位にヒットするものだから、僕なら何でもできると思っているらしい。

信用されるのは嬉しいが、反面プレッシャーになってくる。
このHPのおかげで、売上UPになれば僕も嬉しい。
スポンサーサイト

ノーパンしゃぶしゃぶ

先日から、僕のブログの訪問者が増えている。
サーチワードは「ノーパンしゃぶしゃぶ」「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」
なんと、「ノーパンしゃぶしゃぶ」で検索するとYAHOO!で30位MSNで10位
「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」事件ではなんとYAHOO!MSNとも堂々2番目に表示される。

そういえば、あの福井俊彦日銀総裁もあの事件にかかわっていた。
そのため、当時日銀総裁になれなかったのだった。
人の噂ってすぐ忘れられるのだが、インターネットは忘れない。
この度の村上ファンド問題で、忘れられていた福井俊彦日銀総裁の過去のスケベ前科がインターネットによって再度晒された。

インターネットって本当に便利でもあるが怖いものでもある。

テーマ:会計・税務 / 税理士 - ジャンル:ビジネス

レーシック手術後2週間経過

手術後2回目の検査に行った。
左目は1.5が何とか見える。
右目は少し乱視気味で1.2がやっと。

先生からは「まずまずの結果ですね。」と言われた。
まだよく見えたり、見えにくくなったりするようだ。
老眼もまだ落ち着いていないので、老眼鏡を急いでつくるより100円均一の店で買ったやつを使ったほうがいいと説明があった。

先々週、運転免許の条件解除の手続きに運転免許センターに行った。
手続きは簡単。
窓口で、「視力が回復しましたから免許の条件を解除していただきたいのですが・・」
「はい、それでは免許証を提示してください。そしてこちらに住所と名前、免許の条件を記載して。視力検査検査をしますのでこちらへどうぞ。コンタクトも何にもしてませんね。」
「はい、コンタクトも何にもしていません。」(コンタクトは分かるがコンタクトも何にもの"何にも"っていったい何だ?突っ込んでやりたかったがやめた)

視力検査はあっという間に終わり、免許証の裏にスタンプを押してもらって終了。
運転免許証


25年ぶりに条件が解除された。

月刊経理ウーマン

1年ぶりに研修出版の月刊経理ウーマンから執筆の依頼があった。

何とか時間もとれそうだし、内容的にも何とかなりそうだったから引き受けた。

今のところ手付かずだが、早めに原稿は仕上げたい。
僕のような地方の田舎税理士が、このような依頼を受けることは大変光栄だ。

これもすべてインターネットのおかげだ。

レーシック手術後1週間経過

先週月曜日に手術をして、1週間が経過した。
目の異物感は少し残っているものの、かなり解消された。

今一番困っているのは老眼だ。
視力の正常な人は、少しずつ老眼が進行していくが、僕の場合一気に老眼になった。
百円ショップで210円の遠近両用の老眼鏡を買ってきた。
+1.50度の老眼鏡がちょうどいい。

反面、遠くはよく見える。
自動車の運転は快適だ。
普段メガネをしなくなったので、あれほどひどかった肩こりがかなり改善された。

もうひとつ。
先週月曜日からの禁酒も、ついに明日解除。
妻には、明日は贅沢にサッポロエビスビールを買ってくるように頼んだ。
ビールはエビスが一番うまい。
あのコクは最高だ。
今想像するだけで、少しのどがなった。
明日が楽しみだ。

クライアントのHP

クライアントから依頼されていたHPがほぼ出来上がった。
といっても、アウトソーシングしたものだ。

SEO対策はこれから僕が手を加える。
手が加えやすいように、アウトソーシング先には注文をつけた。
クライアントからの要望のサーチワードで、上位検索、上位表示されるかどうかは僕の腕次第。
ある程度自信はあるが、結果は分からない。

明日も一日中出かけるので、明後日本格的にUPしたい。
業種的にHPでの集客が見込まれるので、結果が出るかどうか心配。
しかし、その反面楽しみでもある。

レーシック術後3日目

一週間は車の運転ができないと聞いていた。
そのため、連休明けから始まった税務調査の最終ネゴを僕の事務所ですることになっていた。

ところが、車の運転は大丈夫ということ。
税務署の調査官には、遠いところご足労いただき申し訳なかった。
こんなことならこちらから足を運んだのに。

「あれ、眼の手術というのはレーシックだったのですか。メガネをはずされているから。」
税務署の調査官もレーシックのことを知っていた。
実は彼も真剣にレーシックを受けたいと思っているらしい。

今日は朝から新聞が読めない。
やはり近くが見えにくい。間違いなく老眼だ。
そのため、メガネ屋に老眼鏡を買いに行った。
メガネ屋さんはびっくり。
無理もない、先月7万円近い遠近両用メガネを作ったばかりだったから。
「あのメガネもったいないことをしましたね。」
「いいえ、あのメガネのおかげで手術を決断したのですから。そう思えば諦めがつきますよ。」
一生懸命僕のために作ってくれためがねが無駄になって、メガネ屋さんには申し訳なかった。

昨日までの、例の異物感は少し緩和されたがやはり少し残っている。
近くを見るのは、時間がたつにつれて少しずつ見えてきた。
パソコンの画面を見たり、文字を見ると不思議と見えるようになってくる。
他の人の体験記とはまるっきり違う。
僕の体質なのか、越智眼科の先生の腕が良いからか。

いずれ視力も落ち着くだろう。
そのときは、老眼だけの遠近両用メガネをあのメガネ屋さんに作ってもらおう。フレームはいっぱいあるから。

レーシック術後検査

視力検査で両目ともなんとか1.2が見えるが、まだ角膜に傷があるせいかぼやけてはっきり見えない。

今日も目の中にハードコンタクトレンズを入れているような異物感が。
院長は、「今でもありますか」と聞いてきたが確かにある。
個人差があるのだろうか。
いずれなくなるのか、それとも慣れるのか。

手術後初めて運転をしたが、メガネで矯正したときより少しよく見える程度。
もっと見えたらいいのに。

でも贅沢はいえない。
つい先日まで、両目とも視力0.04だったのだから。

レーシック手術翌日

一晩中保護メガネをつけていたせいで、朝起きたら目の周りにメガネの痕が。
妻からは、天才バカボンに登場するつながり目の本官のようだと言われた。

遠くはよく見える。
多分1.2程度の視力はありそうだ。
しかし、新聞が読めない。
そう、近くが見えない。
老眼にしてはちょっとひどい。
1メートル以内はぼやけて見える。

ところが、目薬を差すと新聞もちゃんと読めた。
目薬を差して1時間もするとやはり近くがぼやける。
やはり落ち着くには少し時間がかかりそう。

他人の体験談を読むと、次の日には目の中の違和感はほとんどないと書いてあるが、僕の場合今日一日20年以上も前にハードコンタクトレンズを入れていた経験を思い出した。
そう、あのハードコンタクトレンズを入れた感触に似ている。

明日検査なので、ドクターに聞いてみよう。
越智眼科サテライト・クリニックの院長先生は、ある人が体験談で語っていたほど威圧的な感じには見えない。
やはり人それぞれ、感じ方は違うのだろう。

レーシック手術無事終了

手術は無事終了した。
時間はあっという間だった。

特に痛みはない。
目の中にごみが入っているような感じ。

ただ、ぼやけて視界は良くない。
なんだか汚れた度の合わないメガネをかけているようだ。

パソコンに向かうのも少し辛いので、今日はこれで終わり。
でも何より辛いのは、大好きな晩酌が一週間できない。

あしげ

             あしげ

            
きょうのあしげは、とっても良い子でした。

でも、娘のレッスン中豊平馬事公苑の武智さんに『真面目にやれ!』って叱られてました。

海田支部定期総会

僕の所属する、中国税理士会海田支部の定期総会があった。
副支部長の僕はもちろん執行部。

執行部役員の中で、役員をやりたくてやっている人間は皆無だと思う。
それなのに・・・・
つまらん印刷ミスや、たいしたことではない問題で突っ込んでくる奴がいる。
そいつは、元役員だ。

感謝されることはあっても、文句を言われる筋合いはない。
そんなつまらんことを言っていると、役員総辞職しちゃいますよ。

イラストレーター ごとうゆき

先週明石のクライアントである歯科医の先生からポストカードを頂いた。

先生の高校の後輩、イラストレーター ごとうゆきさんの製作したポストカードだそうだ。

僕はポストカードを出すことはないので、事務所のインテリアとして利用することとした。
早速、フレームに入れて飾ってみた。
『うん。なかなかいける。』

ごとうゆきさんのHPを覗いてみた。
単なるイラストではなかった。人形を製作して、それをカメラマンが撮影していたのだ。
僕はてっきり、CGか版画か単なるイラストだと思っていた。

このHPからリンクされている彼女のブログを見てびっくり。イラストレーターごとうゆき

なんと、このイラストの人形が・・・・
結構大きいものだ。

僕は彼女にはお会いしたことはないが、なかなかユニークな発想の持ち主だ。



ETCのお得な利用方法

僕は、一昨年からETCを利用している。
通勤割引や深夜割引に加え、マイレージ割引もある。

先日明石のクライアントのところに行ったことは、お知らせしたとおり。
自家用車で往復した。
広島東ICから三木小野IC間を高速道路で往復する。
片道251.4kmで5,600円の通行料金が必要だ。

僕は、ある方法でこの通行料金を安くあげる。
それは、通勤割引を利用するのだ。
通勤割引は、時間内で100km以下であれば料金は半額だ。
ところが、同じ時間帯は1度しか割引はきかない。

しかし、これを3度も使える裏技がある。
通勤割引の時間帯に、途中100kmに達するまでのICで2回ほど途中で高速道路から降りることだ。
同じ時間帯は1度しか使えないが、他のETCカードを差し替えると3度とも通勤割引が利用できる。
そのため、僕は3枚もETCカードを持っている。
そうすると、通行料金は3,500円と2,100円も節約できる。
これが往復なら、なんと4,200円の節約だ。
高速道路のIC間が何キロあるかは、ハイウェイナビゲーターで調べれば距離だけでなく、料金や所要時間まで表示してくれるので大変便利だ。


この節約したお金で、家族に明石の美味しい魚介類や玉子焼きをお土産に買って帰る。

レーシック手術前検査

いよいよ1週間後に手術。
手術前の検査に行った。

ウェーブフロントレーシックを希望したため、視力検査だけではなくそれに適応するかどうかの判断をするための検査も行った。
結果OKなのだが、裸眼の視力を聞いてびっくり。
なんと0.04まで下がっている。

前回の診察は女医さんだったが、今日は院長。
「近くは見えづらくなる」と念を押された。
どうせ、近視用のメガネでは近くは見えない。
メガネをはずせば、遠くは見えないし近くもある一定の距離しか見えない。
「よく分かっています」と答えた。

検査の帰り広島バスセンターからバスに乗る際、真っ黒な盲導犬を連れた女性に遭遇した。
バスに乗るのをためらっている。
このバスが目的地に行くのかどうか不安らしい。
目的地を聞いたところ、このバスで大丈夫。

バスに乗る際、手助けをしながら思った。
『僕は、メガネで矯正すれば不自由のない生活ができる。彼女は手術をしても視力は回復されず不自由な生活から逃れることはできない。ましてや僕は、手術で視力回復することができる。なんて幸せなんだろう。』

盲導犬と一緒にバスから降りた彼女の後姿を見送りながら、無事目的地まで行けるよう願った。

世界文化遺産 国宝 姫路城(白鷺城)

今朝から明石のクライアントのところへ行ってきた。

朝7時前出発、到着10時半。

帰りに時間があったので、姫路城へ寄った。
姫路城

国宝白鷺城、25年ぶりに訪れた。
相変わらず美しい。

先ほど帰ってきたが、さすがに疲れた。

国税電子申告(e-Tax)

海田税務署の総務課長が、国税電子申告(e-Tax)の利用のお願いと称してわざわざ事務所まで来られた。

平成22年度までに50%以上の利用率を目標にしているという。

『手間かけろ、銭かけろ』の納税者にとって何のメリットもない今のe-Taxでは、クライアントに勧められないとお話した。
ただ、僕自身電子申告の経験がないためe-Taxの批判をしても信憑性はないので、少なくとも来年は僕の確定申告と、僕が代表者となっている会社は電子申告をする旨の約束はした。

ところで、税理士によっては『面倒な手続きや経費は掛かるが、具体的なメリットとして、「電子申告の場合は申告書の信憑性が高まる、よって、税務調査の必要性が少なくなる」。つまり、税務調査に入られる可能性が減少する』とか何とかでたらめな説明をして、慫慂しているようだ。

e-Taxを利用すると税務調査の可能性が少なくなるなどあるはずがない。
それでは、脱税者が挙ってe-Taxを利用してしまう。
こんな嘘までついて、何のために利用さすのか。

税理士がe-Taxを利用するためには、クライアントの利用者識別番号及び暗証番号を教えてもらう必要がある。
これを握りさえすれば、クライアントに逃げられにくくなると思っているのだろうか。

いずれにしても、嘘をついてまでe-Taxを利用さそうとする税理士は、疑ってかかったほうがいい。
僕がクライアントに勧めるのだったら、「メリットは何にもないが、税務署から頼まれたのでよろしく」としか言いようがない。

特別控除や、税額控除等で税負担が軽減されるようになればすぐにでも飛びつくのに。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。