広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉子焼き

玉子焼き

明石の玉子焼き。

今日は明石で仕事。
あすからは、プライベートで4日間北海道。

スポンサーサイト

広島交響楽団「秋山和慶のディスカバリー・モーツァルト&ハイドン、シリーズⅡ」

広島交響楽団の「秋山和慶のディスカバリー・モーツァルト&ハイドン、シリーズⅡ」を聴きに行った。

モーツァルトの曲目は「交響曲第40番ト短調 K550」。
僕が30年以上も前に、初めて買ったクラッシックレコードがこの曲だった。カラヤン指揮、ベルリンフィルの演奏だったと記憶しているが、このレコードはもうない。

第一楽章は誰もが聴いたことがあるメロディーで、つい口ずさんでしまう。
でも僕は第三楽章が好きだ。
隣で聴いていた妻は、第一楽章ではしっかり聴いていたが、第三楽章では舟を漕いでいた。

妻にとっては、子守唄に聴こえたらしい。

「アイフル」の印紙税逃れの記事について考える

今日の毎日新聞朝刊にとても興味深い記事が掲載されていた。
金融大手「アイフル」(京都市)とグループ会社が、印紙税逃れをしていたという記事だ。

(記事全文)
アイフル:印紙税逃れ 返済の領収書分割、「脱法」の指摘も
 消費者金融大手「アイフル」(京都市)とグループ会社の「トライト」(同)が店舗窓口で顧客から融資の返済を受ける際、領収書の額面を3万円未満に分割し、印紙税の課税を逃れていたことが分かった。印紙税法は額面3万円以上の領収書には印紙を張ることを義務づけている。国税当局は「領収書の分割を禁じる規定はない」として課税はしない方針だが、「脱法行為」との指摘もあり、企業モラルが問われそうだ。【鵜塚健】

 両社は27日までに、毎日新聞の指摘などを受け、この慣行を完全にやめたとしている。

 両社の複数の社員らによると、店頭に訪れた顧客から3万円以上6万円未満の返済を受ける際、社員が窓口の端末機を操作し「伝票分割」を実行。額面3万円未満の領収書を2枚発行していた。

 両社の有人店舗数は全国に約530店。トライトでは2年前から、アイフルでは少なくとも10年以上前から続く慣行といい、逃れた印紙税額は最低でも計数千万円とみられるという。

 一方、窓口で2枚の領収書の控えにそれぞれ署名を求められる顧客からは苦情も相次ぎ、トライトの男性社員は「領収書の分割はお客さんに迷惑なのでしたくなかったが、上司の指示で逆らえなかった」と話す。

 印紙税法は「金銭または有価証券の受取書」に額面に応じて印紙を張るよう規定し、印紙代金を印紙税として徴収。3万円以上100万円以下の領収書には、200円の印紙が必要となる。

 印紙税の未納付が発覚した場合、過怠税を加えて課税されるが、大阪国税局は「金額を分割して作成した領収書であっても3万円未満であれば非課税」としている。社員からの内部告発で捜査当局も事実を把握したが、「脱法行為ともいえるが、立件は困難」としている。

 アイフルは、強引な融資回収が問題になり今年4月に金融庁から業務停止処分を受けたほか、多額の申告漏れも相次いで発覚している。

 アイフル広報部は「領収書の分割は、お客さまに不便をかけるので昨年7月にやめた。トライトの一部で続いていたが、このほど完全に取りやめた」と説明。逃れた印紙税の総額については「把握していない」としている。

 ◇国税は指導を--北野弘久・日本大名誉教授(税法学)の話

 独立した1回の取引について領収書を分割して発行したのであれば、不正な「偽計行為」であり脱税に当たる。税法は、正常な社会通念や常識的な取引を前提としているため、明確に禁じる規定がないだけ。国税当局は実態を調べ、厳しく指導するべきだ。

毎日新聞 2006年9月28日 大阪朝刊


別にサラ金の肩を持つわけではないが、印紙税法の趣旨から判断しても全く問題がないと僕は考える。
そもそも印紙税は文書に対して課税される税金であって、取引に対して課税されるものではない。
印紙税法第二条でも、『別表第一の課税物件の欄に掲げる文書には、この法律により、印紙税を課する。』と文書に課税すると明記している。
極端にいえば、同じ文書を複数作成すれば、取引は一つであっても全部の文書に課税されるもの。
逆に文書を作成しなければ、課税関係は発生しない。

たまたまサラ金だから、このような問題になったのだろう。
サラ金の行う行為は、全部悪い行為に見えてくるのだろうか。


ゴマスリ内閣

これで決定。
役所と一緒だ。

キンモクセイ

kinmokusei

秋の香り、キンモクセイ。

街道松「中野砂走の出迎えの松」

安芸区中野のクライアントの会社の近くにある、街道松「中野砂走の出迎えの松」。
       街道松
出迎えの松の看板

いつもは車で前を通過するだけだが、今日は天気がよいのでちょっと車を止めてゆっくり眺めた。

看板によると、昭和49年2月18日に広島市の史跡に指定されている。
僕が小学生の頃いわゆる昭和40年前後は、結構街道松は残っていたが今ではこの近辺に数本残るだけとなった希少な街道松だ。
なんでも「出迎えの松」の由来は、参勤交代の任務を終えた当時の安芸の国の藩主を、藩士や農民達がこの松のあたりまで出迎えたということらしい。
広島城からここまで、12キロ位あるだろうから昔でいえば約三里の道をわざわざ歩いて出迎えたことになる。

仕事が忙しく気分もせわしいが、たったの10分程度寄り道するだけで気分が和む。
200年以上も前に、この松の木陰で休む旅人達の姿が目に浮かぶ。


電子申告は避けて通れない

来年の僕個人の確定申告及び、僕が代表者になっている会社の電子申告をするため、国税庁のHPから『電子申告・納税等開始届出書』をオンラインで提出した。

個人分については一昨年の5月に『電子申告・納税等開始届出書』は提出したがそれっきりになっていたため、今日は暗証番号を再発行してもらうために変更の届出書を提出した。

日本税理士会連合会電子認証局が発行した、電子証明書は2年前に取得済みである。

ICカードリーダライタはまだ購入していなが、日本税理士会連合会のHPによると10月1日から新しいICカードリーダライタが販売されるということだからそれまで待つことにした。

電子申告システムのソフトが必要なため、早速購入することにしたがこれが結構高い。

『電子申告ができます』をうたい文句に営業を仕掛けている税理士もいるやに聞いている。
彼らは、電子申告をすれば税務調査がなくなるとか、金融機関からの融資が有利になるとかと大嘘に小嘘を混ぜて盛んに営業をしているようだ。

電子申告、とにかく避けては通れない。

レーザー近視矯正手術(レーシック)術後3ヶ月

広島市の越智眼科サテライトクリニックで、近視矯正手術レーシックを受けて3ヶ月が経過した。

少し視力は落ちたような気はするが、本当のところはわからない。
明日、健康診断がありそこで視力検査をするので分かるだろう。

特別以前と変わったところはないが、朝起きて眼鏡をかけようとする仕草と、寝る前に眼鏡を外そうとする仕草はなくなった。

2週間後に術後3ヶ月の検査があるが、乱視気味の右目をどのようにすればいいのか相談したい。
この乱視さえなくなれば非常に快適なのだが。

越智眼科で手術を考えられている方は、以前の記事で特典を紹介しているので参考とされたい。
検査費用、手術費用併せて最大40,000円安くなる。

ブログを始めて1年が経過

全く気がつかない間に、ブログを始めて1年が経過していた。
久しぶりに読み返してみたが、1年たっても全く進歩のないブログだ。

頭の中では、『こうしたら面白い』とか『ああしたら読者が増えるかもしれない』と思いながら、ズルズルと1年が経過した。

最初は力を入れてブログを始めたが、途中で投げ出してしまう税理士が多い中、とりあえず『継続は力なり』で続けている自分はすごいと思う。

ところで、僕のクライアントで夫婦でブログを始めたが、たった1ヶ月足らずで奥さんのブログは途絶えた。
彼女は、幼い子供3人を残して急病で先月逝ってしまった。
彼女のブログはそのまま会社のHPにリンクされている。
彼女の明るい人柄が偲ばれるブログだ。
ずっと書き続けたかったに違いない。

同じくリンクされている社長のブログを読むと、涙が出てしまう。
彼は奥さんが亡くなる前日まで、楽しそうにブログを書いている。
その後は書く気にもなれなかったのだろう。
やっと10日以上経過して、彼女への思いを綴っている。

彼女のためにも、この社長にブログを継続して欲しいし、僕も続けたいと思う。

生きている僕たちには、未来があるのだから。

ど根性ニラと、ど根性ユリ

自宅から事務所まで徒歩で2分。
その通勤(というほどのものではないが・・・)する道路ばたで見つけた。

まずは、ど根性ユリ。
昨年までは見かけなかったが、こぼれ種から1年で開花したまさにど根性の鉄砲ユリだ。
yuri.jpg


次は、ど根性ニラ。
数年前から見かけるが、年毎に株が大きくなってくる。
犬がよくおしっこをする場所だが時々刈られている。
誰か食べているんだろうか。
もうすぐ開花だ。                        
                  ど根性ニラ

HPのカウンターが88,888突破

6年3ヶ月前から開いた僕のHPのカウンターが、ついに88,888を突破した。

最初の数年間は一日数件しか訪れるものはいなかった。
ところが最近は一日平均100件を超える。

もう少しアレンジすれば来訪者も増えるのだろうが、最近はクライアントのHP等のアドバイスに力を注いでいるためと、こんなもんでいいやという横着心からなかなかアレンジできない。

訪問者は一日平均100件程度だが、トータルアクセスはその5倍の500件程度だ。
一人平均5ページ見てもらっている計算になる。

せっかくのファンがいるのだから、もっと面白いHPを目指して頑張らなくてはいけないが、ネタと時間がない。

秋の気配2

豊平馬事公苑ではもうススキが・・・
夜はもう寒いそうです。
           ススキ

よく見ると、右端にあしげの顔が見えます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。