広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいお願い見つけた

karishi

下関カモンワーフで見つけた、楽しいお願い。
努力して、カッコイイ彼氏見つけてね。
スポンサーサイト

電子申告連絡者担当者の会議

今日は、第2回電子申告連絡者担当者の会議が税理士会館であった。
中国五県の支部から電子申告連絡者担当者が集まった。

主な議題は言うまでもない。
いかに会員に電子申告の普及を推進するかだ。
今年9月現在の電子申告の利用割合が各支部ごとに集計されていた。

中国税理士会全体で、クライアントの納税申告までe-Taxを利用している会員の割合は、32.9%。
ほぼ3人に1人が利用していることになる。
我が海田支部はといえば、なんと46支部中ダントツ最下位の10.4%。

別にやりたくない者に無理やりやらすつもりは毛頭ないが、それにしてもひどすぎる。
今のところ支部の役員で、利用できているのは僕を含み2人だけという現状。
支部長を含めほとんどの役員が利用できていないのだから、全く説得力はない。
来年1月に協議会があるので、その席上この数字を会員に示すことにする。

いったいどんな反応を示すことやら。

キャノンLBP5200(カラーレーザープリンター)の使いかけのトナーを、誰かもらって!

キャノンLBP5200(カラーレーザープリンター)がぶっ壊れたのは、先日紹介した。
修理代が、買うほどかかるので処分することとした。
このプリンターの使用中のトナーがある。
4本とも2/3程度のトナーは残っていると思う。
もったいないので、誰かに無料でもらっていただきたい。

ただし、取りに来ていただくか、若しくは着払いのクロネコヤマト便のいずれか。
もらっていただける方がいたら、ブログ左側のリンクの一番上の「真鍋輝彦税理士事務所へのお問い合わせ」に、「トナーもらってやるから、着払いで送って」とか「トナーもらってやるから、取りに行く」等とご記入の上、確認ボタンをクリックしていただきたい。

なかなかもらい手は見つからないかもしれないが、当分の間は保管しておく。

余部鉄橋

紹介が遅くなったが、先月家族で小旅行に出かけた。
余部鉄橋。
余部鉄橋

鳥取にいた時分には、よくこの鉄橋の下を通ったが、何年ぶりだろう。25年以上は経っていると思う。
懐かしいなあ。

特に二女は買ってもらったばかりの、一眼レフカメラで何枚もシャッターを切っていた。

橋下弁護士には、ちょっとガッカリ。

橋下弁護士には、個人的には好感を持っていた。
特にあの光市母子殺害事件の被告側弁護団とのやり取りは非常に好印象だ。

被告側弁護団には、広島弁護士会所属の弁護士が名を連ねているが、その中に僕の顔見知りの弁護士もいる。
ある会合の席でその弁護士と一緒になったが、彼のあの傲慢な態度には僕自身あいた口が塞がらなかった。
弁護士ってそんなに偉いのかと、心底思った。
でも、橋下弁護士は庶民的な匂いが漂う弁護士だ。

それではなぜ、橋下弁護士にちょっとガッカリしたかというと、何で自民党なのだということだ。
今朝のある番組で、あるタレントが言っていた「経済界の応援を取り付けられたから、彼は決断したのだろう。」という言葉だ。
「橋下弁護士は、庶民の味方と違うんか!」
本当のことはまだ分からないが、これが本当なら・・・・・
もし本当なら、彼の理想の府政など到底かなうわけがない。

ラジオ局からの取材依頼

といっても、仕事の取材の依頼ではない。
3年前に自宅を新築した際、地元の住宅メーカー創建ホームで建てたため、RCCラジオ「大ちゃんの創建ホームの木の家で」という番組で、僕の家族と家が紹介されることになった。

この間、テレビ局の取材は断ったが、今度は断る理由がないので快諾した。
来年1月に取材に来て、多分同月にラジオ放送されるはずだ。
広島以外の人でも、ホームページから聞くことができるので興味がある方は是非お聴きいただきたい。

またまたプリンターがぶっ壊れた!!!

一昨年の3月に買って、昨年3月に壊れたキャノンカラーレーザプリンターLBP5200がまたまたぶっ壊れた。
プリンタに異常があります。
電源をいったん切り、3秒以上待ってから電源を入れなおしてください。電源を入れなおしてもサービスエラーが表示される場合は、電源を切り、お買い求めの販売店にご連絡ください。ご連絡の際には、表示されたエラーコードと症状をお知らせください。
エラーコード : E001

というメッセージが出たため何度か電源を入れなおしたが、全く改善されず。
そのため、キャノンお客様サービスセンターに問い合わせたが、故障の可能性が高いとのこと。
修理代はと聞くと、「出張費が1万円、そして工賃が6千円以上、それと部品代が・・・・・・」
それじゃあ買ったほうが安いじゃん。
ドラムカートリッジの寿命がきたため、一昨日カートリッジの注文をしたばかりなのに。
なんとか、ドラムカートリッジの注文はキャンセルできたのでよかったが・・・
トナーも取り替えてほとんど使用していないものもあるし・・・・・

まあ、事務所ではJDLの高速カラーレーザーがあるので、他にカラーレーザーは要らないため、今度はモノクロレーザーにすることにしよう。

本当にポンコツプリンターだ。
キャノンLBP5200は。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。