広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"e-Taxの不具合か?"のその後

納税証明書の交付申請について、先日e-Taxの不具合かと記述したが、なんと税務署が不慣れなため、僕の送信した申請を見落としていたことが判明した。
僕だからよかったようなものの、今後はこのようなことのないようとても優しく注意しておいた。

e-Tax、ころころころころ変わるので、税務署の担当者も、僕達税理士も、納税者もみんな戸惑ってしまう。
スポンサーサイト

ガソリンの暫定税率について考える

暫定税率の期限切れによるガソリン値下げ問題が、大きな社会問題となっている。
この暫定税率は、僕が税務署に入る以前の昭和48年4月からあるもの。
もはやこれでは、暫定ではない。
僕が間税部門にいた昭和54年に暫定税率が引き上げられた際、政府はガソリンスタンドの地下タンクにストックされた、安い税率で仕入れたガソリンに対し、手持品課税として引き上げられた差額のガソリン税をガソリンスタンドから徴収したことがある。
僕はこのとき、数場のガソリンスタンドを回り、正直に申告しているかどうか調査を行った。

このように政府は、しっかり取るものは取っているのだから、もし暫定税率が期限切れになった際は、手持品戻し税を導入すべきだ。
これは、石油業界も要望していることで、当然のことだ。

政治のことをとやかく言う筋合いはないが、消費者を混乱に巻き込むことだけは、与党も野党も控えていただきたい。
与党野党とも双方歩み寄り、国民を安心させてもらえないだろうか。

e-Taxの不具合か?

先週19日(水)に、e-Taxで納税証明書の交付を申請した。
即時通知も届き、メッセージ詳細(受信通知)も届いた。
電子申請等証明データシートもダウンロードした。
電子申請等データシート

ところが、いつまで経ってもメッセージボックスに、「納税証明書発行確認」が届かない。
税務署に確認したところ、僕の送信した納税証明書の交付申請は届いていないという。
仕方がないので、今朝税務署の窓口で書面にて申請した。
今のところ、原因は不明だ。
今日、僕の留守中に税務署の統括官から電話を頂いているので、原因は分かったかもしれない。
原因が分かり次第、紹介したいと思う。

サンフレッチェ広島VS水戸ホーリーホック

今日は午前中で企業実務の原稿を書き上げ、雨の中午後からサンフレッチェ広島VS水戸ホーリーホックの試合を観戦した。
今日も余裕で勝利すると思いきや、審判の不可解なジャッジ等でレッドカード、イエローカードが飛び交い一時は11人対9人の試合。
圧倒的に不利の中、我がサンフレッチェは後半ロスタイムに森脇のゴールで何とか追いつき、勝ち点1を手に入れた。
                 

雨の中、たくさんのサポーターの後押しがあればこその引き分け劇だったと思う。
サンフレッチェ


それにしても、水戸のサポーターのヘタレなこと。
人数が少ないのは仕方がないが、全員が電光掲示板の下で雨にぬれないように応援している。
選手はずぶぬれで頑張っているんだぞ。
これじゃあサポーターになっていないジャン。

北広島市"老亀"酒蔵 小野酒造

企業実務の編集長には叱られそうだが(締め切りが来ているのに、まだ原稿が書きあがっていない)、先月お邪魔した、古酒「老亀」酒蔵 小野酒造に先代のご仏前に参るため再び訪れた。
先代の奥様には、突然お邪魔したにもかかわらず、快く迎えていただいた。
小野酒造

なんとも趣のある、地酒の酒蔵。
僕自身、これまで四十数件の酒蔵に仕事で行ったことがあるが、ここの蔵は最も好きな蔵の一つ。
           onosyuzo2.jpg


今日は、瓶詰めで忙しくされていたため、社長さんや若奥様とは会話が出来なかったが、先代の奥様にはたくさんのいいお話を聞かせていただいた。

蔵の売り場には、明治32年の第一回広島県の酒類品評会の賞状も。賞状


今日は、吟醸酒の新酒を求めに来たが、まだ少し早かった。
2週間後にまた行くことにしよう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。