広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道旅行その4

三日目は、天気が思わしくないため札幌に行くことにした。
                           時計台

妻の友人夫婦が行きたいといったので、まずは、「ガッカリ時計台」新婚旅行以来22年ぶり。
22年前、非常に楽しみにしていたが「な~んだ・・・・ガッカリ」と思ったので「ガッカリ時計台」と僕が命名した。
この日は、月曜日で休館日。これまたガッカリ。

次は、旧北海道庁。北海道庁


なんと市内には、馬車が自動車と競争している。
                 馬車


そして以前にもし紹介した、おなじみ(僕にとっては)のまつもと物産
この日は、期待していなかった花咲ガニが・・・・・
「おお!ラッキー!今晩の酒の肴だ!」花咲ガニ

そしてちょうど昼時。昼飯だ!
昨日は、いまいちのうに・いくら丼だったので、今日は生うに丼。
もちろん、まつもと物産の生うに丼だ。生ウニ丼

写真にはないが、かにの鉄砲汁もついてなんと2,000円。昨日とは大違い。
ここのウニは、折のウニを使わず海水につけたウニを使っているのでとても美味い。
妻は、うに・いくら丼の小丼。うに・いくら丼

これでなんと、1,500円。
昨日僕が食べた、うに・いくら丼の半分くらいの価格でこのボリューム。また、ここのいくらもとても美味い。
最後は、太田店長を囲み記念写真。   まつもと物産


また来るぜ札幌。まつもと物産。
もちろん、平取も洞爺湖も。
スポンサーサイト

北海道旅行その3

「民宿ちせ」を後にし、二日目の18日(日)は小樽から積丹へ。
          小樽運河食堂
小樽運河食堂のある店で昼食を取った。うに・いくら丼は値段の割には味も素材もいまいち。小樽ってこの程度か?
                 うに・いくら丼

後日紹介するが、札幌のある店のほうが安くて美味い。
                         小樽運河

小樽運河で記念撮影の後、積丹へ。

残念ながら、積丹の神威岬は、靄がかかっていつもの積丹ブルーが見られない。神威岬

ところが、少しだけ積丹ブルーを見せてくれた。積丹ブルー


羊蹄山の麓を通って羊蹄山
今年サミットの行われる洞爺湖へ。
洞爺湖の宿泊先は、「洞爺観光ホテル」、このホテルは他のホテルが部屋食を始める前から、いち早く部屋食を始めたホテルで、3度目の宿泊だと思う。
仲居さんに聞くと、何でも元は料亭だったとか。
値段もとてもリーズナブル。
食事をとりながら、洞爺湖名物のロングラン花火大会を見物。ロングラン花火大会


最終日は、天気が心配。
どこに行ったかは、後日紹介する。

北海道旅行その2

今日は、朝から明石のクライアントのところへ行き、先ほど帰ってきた。
前回3月に行ったときに比べ新幹線の連絡が悪くなっている。
西明石発着便が、1時間に1本なってしまい、こだまがほとんどなくなっている。
本当に不便になった。

さて、北海道旅行1泊目17日(土)は、福ちゃんの友達である「民宿 ちせ」に宿泊した。
観光シーズンの谷間になっているためか、宿泊客は僕達4人だけだった。
ご主人はとても愉快な人で、なるほど福ちゃんと大の仲良しというのも納得できる。
夜の食事は、屋外のバーベーキューコーナーで、福ちゃんご夫婦、民宿ちせのご主人ご夫婦と、僕達4人の8人でジンギスカン鍋を囲んだ。
ジンギスカンそのものは、あまり珍しいことはないが、何といっても取り立ての山菜は美味だ。
こごみにアイヌねぎ、こごみは広島にもあるが、大きさが全然違う。
アイヌネギは、行者ニンニクともいいとても希少な山菜だ。
においは強いが、元来ニンニクやニラ、ネギの好きな僕にはたまらないご馳走だ。
酒は基本的に持込だったようで(当然持込料はなし)それを知らない僕達は、とりあえず一緒に呑もうと地酒を一升持ち込んでいたがすぐに足りなくなりった。
そのため、民宿の女将さんに頼んで、北海道の地酒をわざわざ買ってきてもらった。

朝食も、地元の山菜三昧で山菜好きの僕にとってはたまらない。
山菜1
山菜2
山菜3
山菜4


最後に、みんなで記念撮影(といっても僕がシャッターを切ったので僕の姿はない)
          民宿ちせ


また、北海道でお友達が増えた。
来年は、是非一緒に山菜狩りをしようと誘ってもらった。
でも、ヒグマが怖い。
ご主人曰く「クマはアイヌの友達さ」

北海道旅行その1

先ほど、北海道から帰ってきた。
一日目は、福ちゃんこと貝沢福治さんに一年ぶりに会いに行った。
福ちゃんは今月、二風谷アイヌ文化博物館の入り口に「福ちゃん民芸」を開店した。福ちゃん

お元気そうでなりよりだ。

ここには、木彫りの名人福ちゃんの彫った、馬にコロポックル、ふくろうといった縁起物の置物のほか、お盆や杖まで並んでいる。
どれもこれも手のかかっているものだ。
福ちゃん民芸


僕は、アイヌの紋様を彫った盆をひとつ購入した。
値段は一万円と高いかもしれないが、これだけの紋様を彫り上げようとするとこの金額は当然というか、むしろ安すぎる。
福ちゃんは、お茶を出すときなどに使えって言ってたが、もったいないので家に飾った。お盆

我が家には、福ちゃんの彫った縁起物がまたひとつ増えた。

福ちゃんから、アイヌの民族衣装を借りて友達夫婦と記念撮影。
記念撮影


そして、福ちゃんの友達が経営している「民宿 ちせ」に宿泊。
「民宿 ちせ」については、明日にでも紹介する。

ちょっと遅い春休み

ゴールデンウィーク中は、スタッフ全員休ませ、僕一人で事務所に詰めていたため、19日月曜日休みを頂いた。
それを利用して、今日から3日間妻の友達夫婦と北海道に行って来る。

北海道が大好きで、これまで何度も行った北海道。
しかし、5月の北海道は新婚旅行以来なんと22年ぶり。
心配していた天気もよさそうで安心した。

妻は今日の準備を夜遅くまでしていたのでまだ床の中。
そろそろ起こさなくては。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。