広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブラゼミ

今朝、事務所の庭に羽化したばかりのアブラゼミ。
サトイモの水やりの最中気がついた。
                 アブラゼミ

もっと早く気がついていれば、羽化の姿を撮影できたのに・・・・

とりあえず、抜け殻も撮ってみた。
                     アブラゼミの抜け殻
スポンサーサイト

年金から住民税が新たに天引きされる

来年10月から住民税が年金からの特別徴収、つまり天引される改正地方税法が、今年4月30日にガソリン税の暫定税率を復活させる改正租税特別措置法とともに、衆院での三分の二以上の再可決で成立したことを皆さんはご存知だろうか。

総務省は「年金受給者の納税手続きの負担軽減になり、市町村の事務も効率化される」と説明しているらしいが、年金受給者のうち個人住民税を納める水準まで収入がある二割強が対象者で、五、六百万人の人が天引きされるという。
本当にお年寄りいじめの法律だ。

若い世代のサラリーマンに少し考えていただきたい。
サラリーマンは、給料から税金を天引きされ年末調整されるので、ほとんどの人は確定申告の必要はない。
ところが、年金には年末調整というシステムがないので確定申告が必要だ。
サラリーマンが定年退職し、年金を受給されるようになったとたんに、確定申告が必要になるのだ。
国税庁はやれ自主申告だ、e-Taxだと言っているが、そんなに簡単なものではない。
ほとんどの人たちは、自分ではできないので税務署や税理士会等が開催する、申告会場に足を運ぶ。
果たしてこれでいいのだろうか。

僕は考える。
思い切って公的年金を非課税にしてはどうだろうか。
そうすれば、ほとんどの年金受給者は申告をしなくてもすむのだ。
また、税務署の事務も軽減され、事務も効率化される。
それによってどれくらい国や県、市町村の税収が減るのかは、僕には分からないが国や地方公共団体の事務量はかなり軽減されるはずだ。
それでも税収が足りないというのであれば、現在公的年金の財源となっている国民年金や、厚生年金の社会保険料控除をなくせばいい。
若い世代は増税になるが、お年寄りの住みやすい社会になるのなら、僕は我慢できる。
若い世代もいずれ自分の通る道。
定年退職後、自分で確定申告できますか?

与党も野党もちょっと考えてくれないかなあ。


サンフレッチェVSセレッソ観戦から帰って、今日はサトイモ畑の手入れだ

大阪長居スタジアムから、日が変わって帰宅した。

試合は、試合開始早々、PKを与えてしまったが、相手選手が外してくれてやれやれ。
そして、途中何度も惜しいシーンがあり、もやもやしていたところ、後半早々先制されてしまった。
ところが、先制されてからサンフレッチェの動きが俄然よくなってきた。

先制されたわずか3分後に寿人の同点弾。
ゴール

そしてその8分後、北京オリンピック落選をリベンジするかのような、あの柏木陽介の技ありの一発で逆転。
なんと、この試合にはあの反町監督が観戦に来ていたという。
「陽介を選ばずに失敗した。」と思わすような、まさに意地の一撃だった。

ところで、二女の中学、高校時代の親友が大阪の大学に進学しているが、初めてサッカー観戦するために長居スタジアムで合流。
たった一試合で、サッカー(サンフレッチェ)にはまってしまい、夏休みに帰広した際は是非ビックアーチに応援に行きたいという。
喜ばしいことに、サッカーファンがまた一人増えた。

長居スタジアムと、セレッソサポーターの感想だが、スタジアムはビックアーチより数段上だ。
まず座席。
大阪長居スタジアムから、日が変わって帰宅した。自由席も含めすべて背もたれのある座席。
腰の悪い僕は、とても助かる。それに引き換えビッグアーチは、背もたれのあるのはSS席のみ、自由席にいたってはすべてベンチだ。

次に、写真では分かりにくいが西日の影響だ。試合開始前グランドはほとんど日が陰っている。バックスタンド席が西日の影響を受けているが、すぐに日陰になったようだ。
一方ビックアーチは、サポーター席の一部を除きもろに西日の影響を受けてしまう。
それに屋根もあるので、雨が降っても濡れずに観戦できそう。
                   西日

セレッソサポーターはとても友好的で、僕たちの帰りのバスに向かって手を振ってくれるほど。
あの負けでは、悔しくて悔しくてたまらないはずなのに。
是非サンフレッチェと同時昇格して、来年も僕たちが長居スタジアムに行けるようがんばって欲しい。
サンフレッチェもそれ以上にがんばって!!!!

また、今日は事務所のサトイモ畑の手入れ。
サツマイモは、放っておいても大丈夫だが、サトイモはそうはいかない。
                                     サトイモ
秋の芋ほりのため、スタッフとその家族のため、僕もがんばる。
これも僕のお仕事だ。

広島交響楽団

昨日は、妻と二人で広島交響楽団の定期演奏会に行った。
会場は満員。
それに気をよくしたか広響の演奏は、最高だった。
特に交響組曲「シェエラザード」作品35(ニコライ・リムスキー=コルサコフ)の、コンサートマスター田野倉雅秋のバイオリンのソロは聴き応えがあった。

演奏会が終わって、そのコンサートマスター田野倉さんとチェロの主席演奏者マーティンさんが満足そうに会話していた。
                   広島交響楽団

今日は、サンフレッチェの応援で大阪の長居スタジアムまで行く予定だ。
帰りは午前様になるが、明日明後日と連休なので、ゆっくりしたい。

あっ!今思い出した。
企業実務の原稿の締め切りが・・・・
まだ一行も書いてない。
行き帰りのバスの中で、原案をまとめることにしよう。

久々に得点ラッシュ、サンフレッチェ

非常に厳しい第26節のFC岐阜戦。
選手の疲労は見ていても分かる状況だった。

ところが、二女の大好きな柏木の動きは結構良い。
前半終了直前までは今ひとつだったが、あの盛田のゴールからガラッと状況は変わった。
僕の見ているメインスタンドからは、誰が得点したのか一瞬分からなかった。
「えっ?盛田?」
第7節で試合中怪我で離脱した盛田の今期初ゴールだった。
それから二分後、あの柏木陽介王子の、またまた今期初ゴール。
             柏木

二女は大喜び。

そして後半開始直後、われらの誇り佐藤寿人の、得点ランキング単独トップに躍り出るゴール!佐藤寿人


最後はダメ押しのダメ押し。浩司のPK弾。
                   森崎浩司


4対0の圧勝だ。

しかし、平繁龍一は今日もベンチ入りしていない。
腰の具合はどうなのだろう。
非常に心配だ。

たばこ税増税と、タスポについて考える

昨日、税理士会の会議があり、その後懇親会があった。
14名の参加者の中で喫煙者はたったの2人。
税理士の喫煙割合は、非常に低いように感じる。

現在、与野党協調でたばこ税の大増税が検討されているようだ。
何とたばこ一箱1000円以上になるかもしれないという。
そこまで上がった場合、喫煙者も、もう少し快適な喫煙環境を整えて欲しいと、権利を主張してもおかしくはない。
取りやすいところから取るという、増税の論議をするということはいかがなものだろうか。

また、果たして、増税だけで喫煙率は下がるのだろうか。
喫煙者には叱られるかもしれないが、喫煙率を下げる妙案を思いついた。
実は、僕の事務所では喫煙者は雇い入れない。
なぜなら、分煙化が進んだ今、喫煙しているときは、働いていないからだ。
喫煙者は必ずといっていいほど「そんなことはない。喫煙をしている時は頭を働かせているんだ。」と言う。
しかし、誤解を恐れずに言う。
僕自身、若かりし頃通算2年間くらいたばこを吸っていたが、たばこを吸うときに良い案が浮かんできたことなどほとんどない。
役所の喫煙コーナーで、役人達がこぞってたばこを吸う風景をよく見かける。
彼らは、休暇を出してたばこを吸っているんだろうか?
少なくとも、喫煙コーナーに行く往復の時間と、喫煙をしている時間は手が止まっている。
ほとんど頭も止まっているはずだ。
ということは、仕事をしていないことになる。

そこで、僕の意見はこうだ。
まず、お役所から範を示して欲しい。
役所というところは、民間に比べて非常に喫煙率が高いように感じる。
たばこを吸っている時間にまで、給料をやっていいのか。
喫煙者は出世させるな。
役人の出世志向は、非常に高い。
禁煙しなくては、出世できなないのであれば、喫煙率はすぐに下がると思う。
そして、喫煙者は雇用するな。
病気の確率が非常に高く、そんな病気にかかりやすい喫煙者を雇用することは、病気休暇等で生産効率が非常に悪くなるだけではなく、多額の超過医療費を支払うことになるので、国家の損失だ。

次に、タスポだ。
なぜ成人の識別をするためにタスポじゃなければならないんだ。
住民基本台帳カードがあるではないか。
総務省は、何とか住民基本台帳カードの利用割合を高めようとしている。
このカードを多目的利用することはできたはずだ。
本当に無駄なことをする。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。