広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票箱の謎

昨日書いた、期日前投票の投票箱の謎が解けた。
今日、東区の選挙管理委員会に問い合わせた。

なぜ、一つの投票箱に比例区と小選挙区の二通りの紙が張ってあるのか。
それは、無効票防止のためだった。
こうしておくと、万一投票箱を間違えて投票用紙を入れても、無効にならないそうだ。

でも、それなら22日に報道された高知県の投票用紙配布ミス
何とかなりそうに気がするが・・・・・
スポンサーサイト

サンフレッチェ広島。ついに天敵浦和レッズを破る!!!!!

一昨日のある会議で、複数の方から「最近ブログを更新していないね」とお叱りを受けた。
「明日、サンフレッチェが勝ったら更新します」とお約束した。
昨日は、大渋滞で帰りが遅くなり更新できなかった。
そこで、我がサンフレッチェが勝利したので更新することとした。

昨日午前中、衆議院議員総選挙の期日前投票に行ってきた。
当日、所用で投票できないからだ。
以前にも紹介したが、僕は選挙に1度だけ棄権したことがある。
あの1回の棄権が今になっても悔やまれるため、もう死ぬまで棄権しないと誓っている。
昨日の期日前投票所で、疑問に思ったことがある。
小選挙区はピンク色の投票用紙、比例区はあさぎ色の投票用紙。
それは全然問題ない。
投票箱の正面にも、それぞれ同じ色で投票箱と記載された紙が貼ってある。
ところが、小選挙区用の投票箱の横には、なぜかそれより一回り小さな比例区用のあさぎ色の紙が貼ってあり、比例区用の投票箱の横にも、ピンク色の小選挙区用の紙が張ってある。
何かの間違いではないかと、立会人に質問したが、理由があってそうしているという回答。
しかし、その理由は説明しない。
あんな分かりにくいことをなぜ理由あってするのだろうか。
明日にも区役所に質問してみよう。

さて、午後からは広島ビックアーチに乗り込んだ。
ホームでは、今シーズン2度目の浦和戦。
前回にも紹介したが、浦和のサポーターは態度がでかい。浦和サポ

そのでかいのがたくさんビッグアーチにやってきた。
試合前、メインスタンド裏アウェイ側の通路は、完全に彼らに占拠されている。

それにひきかえ、サンフレッチェサポーターの上品なこと。
サンフレサポ
試合はまず前半26分にあのDFW槙野の素晴らしい先制ゴール。
ゴール後雄叫びを上げる槙野。槙野ゴール

そして追加点は、槙野の同期で親友そしてライバルでもある柏木。
ストヤノフに抱きつかれる柏木。柏木ゴール

この2点を守りきりリーグ戦では10年ぶりの浦和戦勝利。
欲を言えば、後半ロスタイムの決定的チャンス。
李漢宰には決めてもらいたかった。
本人も言っているように笑い事ではない。

試合後選手にブーイングを浴びせる浦和サポ。
気持ちは分からないではないが、この苦しいときこそ選手監督をサポートするのが本当のサポーターではないだろうか。浦和サポ2

広島だって、一昨年あの降格の屈辱を喫したが、サポーターと選手は一緒に涙した。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。