広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井広島市長の発言について

本当に久々だ。

この1年半の間にいろんなことがあった。
いいことも悪いことも。

悪かったのは、この記事で何度か紹介した、北海道のアイヌのおじいさん、福ちゃんが昨年11月に入院先の病院で亡くなった。
亡くなる一月前に会ったばかりで元気そうだったのに。
退院予定日当日早朝の急遽だったそうだ。
ご冥福を祈るしかない。

最も良かったのは、サンフレッチェのリーグ初制覇。
目の前で優勝の瞬間を見ることができ、優勝祝賀会にも招待され最高だった。

ところが一昨日の松井広島市長の「2位でもいい」発言には驚かされた。
実は、僕は今年1月に結成された「税理士会による松井實広島市長後援会」の発起人であり、副会長である。
たまたま、当時税理士会の支部長になっていたためのあて職ではある。
とはいえ、結成総会や今年7月の総会でも松井市長と同じテーブルにつき、色々と話をさせていただいた。
もちろん、サンフレッチェの話、スタジアム建設の話、カープの話、カープのオーナーの話等々。

松井市長を擁護する気はさらさらないが、彼はスタジアム建設には非常に前向きであるような印象を受けたし、市長自身サッカーが好きな印象も受けた。
そして市議会内部でも抵抗勢力があり、スタジアムを市の中心部に造ろうと声高らかに叫びながら、一方でエディオンスタジアム周辺の住民らから、「町が寂れてしまうのでここから出て行って欲しくない」という署名を募るようなわけの分からない行動をとっている市議会議員の話も聞かせていただいた。
また、他の抵抗勢力からも相当な圧力があるようだ。

ただ、言っていい事悪い事。言っていい場所悪い場所があることをなぜあの慎重な市長が分からなかったのか・・・
絶対に言って悪いことだし、悪い場所であったのに。
これが本音だったのか?

もし、サンフレッチェが優勝すれば今月予定されている「サンフレッチェ感謝の夕べ」が「優勝祝賀会」に変更される。
そうなると昨年同様、広島市長も広島県知事も招待されるだろうから、ここでお話をされるだろう。
おそらく色々なところから質問が相次ぐと思う。
僕もこれに出席予定なので、ひょっとしたら話しが聞けるかも。

僕自身もまだ「税理士会による松井實広島市長後援会」副会長のままだから来年の総会では、松井市長からお話を聞かせていただく機会もあるだろう。

本音がどうあれ、市の中心部にサッカー専用スタジアムができればそれでいい。
僕は、旧市民球場跡地より今の中央公園の方がいい。
旧市民球場跡地は、3万人以下のキャパになり国際試合ができないし、跡地委員会や平和団体の抵抗もある。
ここは公園にして、公園はいくつも要らないので、中央公園に4万人程度のスタジアムはできないものだろうか。
ただ、周辺住民の抵抗が次に出てくるだろうが・・・・

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。