広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印紙税を安くできる?

印紙税は文書に対する税金です。
ですから、極端な話領収書や契約書を作成しなければ納税する必要はありません。
逆にひとつの取引で同じ文書を、100通作成すれば100通に印紙税が課税されます。

それでは、文書を作成せずにインターネット上でやり取りした場合はどうでしょうか。
この場合、文書がないのだから当然印紙税の納税義務はありません。

ただ、それをプリントした場合には注意が必要です。
単にデーターとしてやり取りした文書をプリントすることは問題ありませんが、プリントしたものを当事者間で本契約として定めて、署名や押印があれば当然課税文書になるでしょう。

印紙税については、まだ続きがありますのでお楽しみに・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/103-bf82a2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。