広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民事訴訟通達管理局

またまた、クライアントから相談があった。
今度は「民事訴訟通達管理局」から「総合消費料金未納分訴訟最終通告書」というはがきが届いたという。

この中に、ご親切にも「最近、架空請求業者の新しい手口として少額訴訟手続(少額訴訟は、一日で判決が出てしまう為、放置してしまうと欠席裁判となり原告側の言い分通りの判決が出される)を利用し、実際に訴訟を提起する事例もございます。」また、「身に覚えが無い場合、早急にご連絡下さい。」と書いてある。

身に覚えのない人に対して、変な文書を送っているのはお前だろと突っ込んでやりたい。

少額訴訟については、裁判所からはがきではなく封書で文書が届く。
法務省民事局 が「督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求にご注意ください」と注意を促しているのでこれを参考として欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/110-97afc4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。