広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅借入金等特別控除

一昨年、住宅を取得し住宅借入金等特別控除を受けた給与所得者がいた。

この者は、昨年中に他の所得があるから今年確定申告をしなくてはいけない。
源泉徴収票を確認したところ、勤務先で年末調整済みで源泉徴収額は0円。住宅借入金等特別控除額は100,000円となっている。
住宅等の取得額は、2,500万円、住宅ローンの年末残高は2,000万円だという。
ということは、住宅借入金等特別控除額は、20万円受けられることになる。ところが、源泉徴収票には100,000円の表示しかない。

源泉徴収票の記載要領を見たが、確かに住宅借入金等特別控除額の欄は、控除した税額を記入するようになっている。
これでは、確定申告時に20万円受けれるはずの控除額が10万円しか受けれなくなってしまう。金融機関や税務署から届いた証明書は、勤務先に提出済みだ。

果たしてどうすればいいのか、税務署に問い合わせてみた。
住宅借入金等特別控除額の限度が分かる書類を提出してください。」という回答だった。例えば、勤務先から源泉徴収票の写しをもらって、確定申告書に添付すればそれでOKとのこと。

やれやれだが、源泉徴収票に記載できるようにしてくれればいいのにと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/112-d58e044e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。