広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務署長を囲む会

税を考える週間の行事として、税務署長を囲む会があり出席した。
今日は、その他に税務署で日赤の献血があり2年10ヶ月ぶりに献血をも行った。

今日の座談会の主なテーマはe-Tax。
出席者は、税務署長他税務署の幹部、法人会、間税会、青申会、納税貯蓄組合のメンバー、そして税理士会。
e-Taxのことを思いっきりコケ下ろしてやろうかと思ったが、他の団体の人たちがダメだダメだというものだから、僕まで悪口を言う気にはなれなかった。
一転税理士会の立場から、擁護する発言。

ただ、要望事項を二つだけ伝えた。
一つは、e-Taxは出来損ないだが地方税のeLTAXはもっと出来損ないである。未だに都道府県と政令指定都市のみしか利用できない。
利用する納税者側にとっては、国税も地方税も一緒なのだから何とか足並みを揃えていただき、将来的には一本化して欲しい。

次にe-Taxで申告書等を送付しても、本当に届いているかどうか非常に不安である。
何らかのトラブルや、操作ミスによって届かないことも考えられるため、当分の間e-Tax利用の際のトラブルや操作ミスによる書類の遅延は、期限内に提出したとみなされるような、宥恕規程を設けて欲しい。

税務署長に要望してもどうなるものでもないが、この要望は決して無茶なものではない。

本当に早く普及させたいのであれば、これくらいの要望はかなえてくれてもいいと思う。
特に二番目の要望は、税務署長の裁量で税法のいうところの『やむを得ない理由』に含めていただきたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/250-85241bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。