広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKその続き

横暴なNHKNHKさんがやってきたで、僕の気持ちとこれまでの経過は述べさせてもらった。

NHKの対応は早く、先月の25日には広島放送局の副部長さんが来られ、地域スタッフの対応には謝罪された。
しかし僕の希望した、親権者の同意を得ていない未成年者の契約の取り消しは認められなかった。
受信料は小遣いで払えるほど低額だというNHK側の主張であるが、娘の毎月の生活費は食費も含め1万円程度だから、低額とはいえないというのが僕の主張だ。
ただし、受信設備を備え付けていないことは明らかで、地域スタッフの説明も不足していたということで、契約は無効ということで落ち着いた。
ここで意地を張って、NHK相手に訴訟をおこしても、結果的には同じことなので折れることにした。

僕の受信料不払いについては、こちらの思いとこれまでの経過を伝えた。
副部長さんの誠意ある対応に納得がいったので、不払いで物申すよりちゃんと支払うものは支払って物申すこととした。
ということで、これまでの不払い分全額を今日支払った。
ただし、当分の間2ヶ月に一度集金に来ていただき、言いたいことは言わせて頂くこととした。

ただ、NHKの受信料不払い者に対する法的措置には異論がある。
どこまでNHKがこれらの不払い者に対し、誠意ある対応をしてきたか不明であるが、少なくとも僕のケースのように責任のある職員が誠意を持って接すれば、かなりのケース支払いに応じたのではないかと思う。

NHKが強硬な姿勢を取れば取るだけ、不払い者も意地になるはずだ。
NHK全体がもっと柔軟で、誠意ある姿勢を取ることを期待したい。
僕もそうだったが、多くの不払い者は不払いを続ける気持ちは毛頭なく、きっと支払うタイミングを探しているはずだ。
スポンサーサイト

コメント

司法の門番たるいい年をした弁護士が、NHK受信料を受信設備を持っていながら、不払いとは・・・
あきれて物も言えませんね。

そしてまたNHKと不払い者との間で無益な訴訟が起こって、弁護士が儲かると・・・

弁護士なら、日本国民として率先して受信料を払い、その上で、クレーム窓口で堂々と意見を述べるべきでしょう。

  • 2006/12/08(金) 01:39:54 |
  • URL |
  • O技術者O #wdALR2/o
  • [ 編集 ]

○技術者○さんのご批判は甘んじて受けます。
ただ、日本国民の多くが受信料の不払いをしたため、NHKのトップの人たちはやっと自分たちの行動の愚かさに気づき、まだまだ不十分な点はありますが、少しずつよい方向に向かっているような気がします。
僕自身も、先日不払いの受信料を全額支払い、払うものは払って意見するように態度を変えたばかりです。

最後に、僕は司法の門番ではありませんし弁護士でもありません。

  • 2006/12/08(金) 09:58:08 |
  • URL |
  • manabe #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/264-2aaa4905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。