広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック手術後半年

いつの間にか、レーシックの手術から半年が経過していた。

相変わらず右目は少し見えにくい。
たぶん視力1.0はないだろう。
前回の検査であるいは再手術もと言われたが、その時は院長不在で次は院長の在院の際に検査を受けることになっている。
左目も多少視力は落ちているかもしれないが、1.2程度はあると思う。

老眼はというと、前回の記事と同じく右目の視力が良くないおかげで、朝一の新聞を読む以外は、老眼鏡はほとんど必要ない。

この手術でよく言われる夜の明かりの眩しさだが、自動車を運転する際ほとんど眩しさは感じない。
ウェーブフロントレーシックのおかげだろうか。
もしそうだとしたら、10万円の手術代の差額は安いものだと思う。

半年経過して思うことだが、目の疲れは手術前よりはあるように感じる。
だけど肩の凝りは、メガネをかけていないからか、凝るには凝るが手術前よりかなり楽だ。

メリットもデメリットもあるこの手術、まあメリットだけ考えるようにしたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2006/12/31(日) 16:26:44 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/268-97cb7431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。