広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子申告でエラーが

僕が代表をしている会社の電子申告を試みた。
JDLのシステムを使えばそんなに難しくはないが、やはり初めてのこと戸惑ってしまう。

地方税申告と消費税の申告は特に問題なく送信され、受理された。
ところが法人税は、送信されたもののエラーで戻ってきた。
『HUBH001E:送信されたデーター形式では読み取ることができません。』というエラーメッセージだ。

国税庁のHPでエラーメッセージの対処法があるかと思いきや、
<エラー情報が表示されている場合>
 「受信通知」にエラー情報が表示されている場合は、エラーの内容を確認し、訂正等を行った上で再送信するか、書面で提出する必要があります。


不親切にもこれだけしか書いていない。これではエラーの内容を確認して、訂正しろといわれても確認のしようがない。
本来なら送信する際、チェック機能があってもいいと思ってしまう。
どうも申告書や添付書類を作成する際、入力した文字に問題があるようだが、この不具合を探すために、また明日かなりの時間と労力を要するのかと思うと、気が遠くなってしまう。
スポンサーサイト

コメント

それはJDLにも文句を言ったほうがいいでしょう。

  • 2006/12/20(水) 21:41:31 |
  • URL |
  • 名無しでこらえて #-
  • [ 編集 ]

ご忠告ありがとうございます。
昨日の段階では、JDLのシステムの問題かどうか分からなかったので、あえてJDLのことには触れませんでした。
続きは、記事で紹介いたします。

  • 2006/12/21(木) 17:58:24 |
  • URL |
  • manab #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/269-2339c796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。