広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載/元国税調査官が教える税務署と税務調査のウラ・オモテ

先にも書いたが日本実業出版社の企業実務4月号から一年間「連載/元国税調査官が教える税務署と税務調査のウラ・オモテ 」という記事を書くことになった。
第1回目の締め切りはとりあえず来週だが、先日の三連休の中日に一日で書き上げた。
なんとか、出版社からは記事の内容はOKとのご返事を頂き、ほっとしたところ。

この企業実務という雑誌、僕が初めて記事を書かせていただいたのが3年近く前になるが、実はそれよりもずっと前から購読していた雑誌だ。
税務のみならず、経理、労務、法務等の記事が掲載されており、開業当初税務しか分からなかった僕の教科書になった雑誌だ。

12冊分19,800円と1冊あたり1,650円はそんなに高くはない。
僕の場合、年に2回程度出版される臨時増刊号は購読していないので、1年分12冊19,800円で購読している。

僕の連載記事が気になる方々は、4月号から1年間購読されてはいかがだろう。
ちなみに、僕はアフリエイトはしていないし、日本実業出版社がアフリエイトの広告主になっているかどうかも知らないので、手数料は入らない。
毎月原稿料を頂くだけだ。

そういえば、出版社からこの度の記事の著者名は、本名でなくてもペンネームでもOKとのメールを頂いた。
ペンネームなど持っていないし、持つほどの人間ではないので本名でお願いした。
若い頃、物書きに憧れていた時期があった。
その頃なら、記事を書くことより時間をかけて、ペンネームを考えていたことだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/290-b9d788df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。