広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞の社説

今日は参議院議員通常選挙の投票日だ。
僕が購読している新聞は、毎日新聞と地元紙の中国新聞。
どちらも、社説で今日の選挙について述べていた。

毎日新聞は、2大政党化が進み、政権の安定か、政権交代への道筋作りか、またまたそれに飽き足らない有権者には独自路線の選択もある、緊張感の増す選挙に、こぞって参加しようと締めくくってある。
中国新聞も、「一票」が政治を変えるのだから、今のまま継続するのか、与野党逆転で変化を求めるか有権者の審判が重みを持つ。だから、投票所に足を運ぼうと述べている。

まさに僕としてはいずれも同感だが、妻と話した。「この社説を読むような人達は、みんな棄権などしないよな」
社説を読まない人、いやいや新聞の購読さえしていない人達。本当は、こんな人達にこそ読んでいただきたいと、各新聞社は思いながら述べているに違いない。

選挙に関心を持たない有権者達に、どのようにすれば伝わるのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/327-afb63f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。