広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠損金の繰戻しによる還付の不適用の廃止を求む

法人税法第80条の欠損金の繰戻しによる還付が、租税特別措置法で停止されてから16年。

あの世界のトヨタが、今期は1500億円の営業赤字に転落すると下方修正した。
所得が欠損になるかどうかは定かではないが、営業赤字がそのまま所得金額だと仮定すれば、この欠損金の繰戻しによる還付によって、450億円がトヨタに還付されることになる。

トヨタほどの会社が単年度の欠損によって、倒産の危機に直面することはないと思うが、中小企業は違う。
昨年度は、緩やかな景気回復で黒字決算でたくさんの法人税を納付した会社が、今年度は欠損になるというケースは莫大になると思う。

いい加減に来年から、租税特別措置法第66条の12をなくして、法人税法第80条の欠損金の繰戻しによる還付を認めてはどうだろうか。
そうすることによって、倒産を免れる会社は少なくない。
一時的に、国から金は出てゆくが、将来的に返ってくるほうが多いと思う。

是非、与党の税制大綱どおりやって欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/405-dcab4e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。