広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察の取り締まり

先日、山陽自動車道広島ICを出る際、警察が取締りをしていた。
この警察官とは、目が合わない。
僕の少し後ろを見ているようだ。
どうも、後部座席に視線がいっている。

後部座席のシートベルトの取り締まりか?
この時、後部座席には娘が乗っていた。
いつもは、車に乗る前には必ず「お前らの命が大事だから、シートベルトしてね」と声をかけるのだが、たまたまこの日は声をかけていなかった。
「しまった」と一瞬思ったが、毎回僕が言うものだから、娘も習慣になりちゃんとシートベルトはしていた。
言葉はよくないかもしれないが、僕は危うく難を逃れたが、検挙された人もたくさんいただろう。
確かに、法を守っていないのだから当然といえば当然。
しかし、なぜ出口で取り締まるんだ。
本来、この法律は身を守るために作られたものだと僕は解釈している。
高速道路に入る際、取締りが行われ検挙されたのなら、「ああ、同乗者の命を助けてもらった」とまだ納得もできるだろうけど、出るときに検挙さられたのなら、ちょっと納得いかない。

警察の取り締まりはいつもこれだ。
安全を守るためではなくて、検挙することそのものが目的だと思ってしまう。

僕自身、運転免許証を手にして38年になるが、過去に6回反則切符を切られている。
ほとんど毎日運転をしてのこの回数。
多いほうなのか、少ないほうなのかよく分からないが、このうち3回は少し納得していない。
どんな違反だったのか、後日紹介する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/412-76c85fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。