広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファジアーノ岡山VSコンサドーレ札幌を振り返る

報告が遅れたが、先月29日にファジアーノ岡山VSコンサドーレ札幌のゲームを、岡山の後輩税理士夫妻と僕達夫婦で観戦した。
                 ビッグオーレ

結果は、1対1のドローだったが、試合そのものはいまいち。

コンサドーレは、「これが昨年本当にJ1で戦っていたのか?」と首を傾げたくなるほど、決定力もなければ運動量も少ない。
この決定力不足で、何度救われたことか。
もし、相手がセレッソなら軽く5点はやられていた。
ファジアーノは、運動量がコンサドーレよりもっと少ないのに加え、全く右サイドが機能していない。
後半途中の選手交代で、やっと右サイドが何とか機能し、やっと1点加えなおも押せ押せだったが、残念ながら追加点は奪えず。

ファジアーノに強くなって欲しいから、辛口のコメントをするが、ファジアーノには決定的にダメなところがある。
テレビ観戦では分からなかったが、控えの選手がベンチ裏でアップする際、足を止めてゲームを見ている。それも全員。
「お前達の役割は、いつお呼びがかかってもいいように準備しておくことだろ」と大声で怒鳴りたくなった。
監督、コーチも分かっているのだから注意すべきだ。
これでは、強くはならない。

初めてサッカーをスタジアムで観戦した僕の妻は、「なんだか、高校生の試合を見ているよう」と批評した。
彼女は、テレビでは多くの試合を見ているためそれなりに目は肥えている。
そう。選手はボールを追っかけているだけのように見えるシーンが何度もあった。
「頑張れファジアーノ」次は、もっといいゲームを見せてくれ。
そして近い将来、アウェイ側で紫のレプリカを着て観戦させてくれ。
もちろん、J1で。

最後におまけだが、桃スタの時計が傑作だった。
時計
なんと、前半が終了したのに、時計は42分をさしている。
前半終了の笛が鳴ったとき、「えーっ?」という声にスタジアムが包まれた。
さすがに、後半はそういうことはなかったが・・・
                           時計2
スポンサーサイト

コメント

ファン宣言!

読んでいて楽しかったです。ありがとうございます。

  • 2009/04/02(木) 16:56:41 |
  • URL |
  • なお #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/413-20c23f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。