広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日

今日は65回目の原爆の日。
久々に、8月6日原爆の日に、慰霊碑を参拝した。原爆の日


以前にも述べたが、この原爆で祖母と叔父が亡くなった。祖母は今でも行方がわからない。
父は、爆心地から1.5キロの場所で被爆し奇跡的に助かったが、34年前原爆の影響と思われる病で47歳の若さで他界した。
父の姉も、爆心地から2キロの場所で被爆し、原爆の後遺症に悩みながら20年近く前に他界した。
また、母は原爆投下の翌日爆心地近くに行き、残留放射能を浴びている。

僕は、正に原爆一家と言っても過言ではない。
しかし、父からも母からも原爆の悲惨さはほとんど聴いた事がない。
ただ父からは、酒が入ったときに涙ながらに叔父が亡くなったときのこと、自分が大怪我をしたときのこと、祖母を見つけるために何十日も街を捜し歩いたこと等を聴かされてくれた程度だ。
両親とも「思い出したくもない出来事」と捉えていたようで、そのせいか僕も肉親を痛めつけた原爆を憎みながらも、避けている。
だから、8月6日に原爆慰霊碑を参拝したのはほんの数える程度。

逃げていたのでは、何の解決にもならないと、一念発起して参拝した。
慰霊碑の前で手を合わせるだけで、体中が熱くなり涙があふれ出てきた。
別に悲しいわけではない。
目頭を熱くさせるものは、悔しさなのかそれとも憎しみなのか。

今日の秋葉市長の平和宣言
同調する部分、異論がある部分、いろいろあるが意見は控える。

とにかく平和であってほしい一念だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/443-b8f29d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。