広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海田間税会からの案内

クライアントから電話があった。
海田間税会から、安芸法人会と合同で新春講演会と新年互例会を開催するという案内が来たという連絡だ。
このクライアントは、海田間税会の会長から僕が会員増強を依頼され、半ば強制的に入会させた会社だ。
他にも、数社同様に入会させた。
僕自身、海田間税会の会長から入会するように勧められたため今年入会したし、他の税理士も同様に依頼され自ら入会するとともに、クライアントも半強制的に入会させている。
当然僕のところにもこの案内は来ている。

この講演会の内容に少しカチンときた。
講師は、他支部の税理士で演題は「税のよもやま話」
「真鍋さん、これには出席しなくてはいけませんか。それに講師は税理士ですが海田支部の税理士ではないですね。なんで他の支部なんですか。」こう聞かれた。

『おいおい、海田支部の税理士に会員増強を依頼しといて、講演会には他支部の税理士を講師派遣するかい、ちょっと失礼と違うか。』
そう思ったため、海田間税会の会長に苦情を言った。
ところが、会長はなぜ僕が怒っているのか理解できていない。
「同じ税理士の話は聞きたくないのですか。」こう質問してきた。
また、講師派遣は法人会の主導だから間税会は関知していないと答えた。

僕は、そうですかとすぐ納得できるほど心は広くない。
やはり、人にものを頼んだらちゃんと筋は通してもらいたい。
近いうちに、支部の役員会もあるのでここで議題にあげたい。
他の支部役員は僕ほど心が狭くないので、「真鍋さんこまいことを言んさんな。」と言われそうだ。
だが、何か海田支部の税理士全体がバカにされているような気がしてならない。
もう金輪際会員増強には協力したくない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukuki.blog23.fc2.com/tb.php/73-8ab40da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。