広島の税理士、真鍋輝彦の勝手にblog。@広島のインターネット税理士事務所

広島の税理士、真鍋輝彦が語る勝手にblog。 辛口コメントあり、写真あり、とにかく思いつき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に得点ラッシュ、サンフレッチェ

非常に厳しい第26節のFC岐阜戦。
選手の疲労は見ていても分かる状況だった。

ところが、二女の大好きな柏木の動きは結構良い。
前半終了直前までは今ひとつだったが、あの盛田のゴールからガラッと状況は変わった。
僕の見ているメインスタンドからは、誰が得点したのか一瞬分からなかった。
「えっ?盛田?」
第7節で試合中怪我で離脱した盛田の今期初ゴールだった。
それから二分後、あの柏木陽介王子の、またまた今期初ゴール。
             柏木

二女は大喜び。

そして後半開始直後、われらの誇り佐藤寿人の、得点ランキング単独トップに躍り出るゴール!佐藤寿人


最後はダメ押しのダメ押し。浩司のPK弾。
                   森崎浩司


4対0の圧勝だ。

しかし、平繁龍一は今日もベンチ入りしていない。
腰の具合はどうなのだろう。
非常に心配だ。

よくやった!!!平繁龍一

今日は、娘たちの通う大学の後援会の総会に出席した。

実は娘たちの通う大学の近くに、サンフレッチェ広島の平繁選手の実家がある。
彼の実家の近くを通りながら、二女と「今日は平繁選手は先発じゃないけど、活躍したらいいね。」と会話をしながら大学に着いた。

先般も紹介したが、僕は平繁選手を応援している。
ここ二試合ベンチ入りもしていなかったが、今日はベンチ入りしている。
先発メンバーに、ひとりもFWが入っていないため、必ずチャンスはあるはずだと思っていた。

サンフレッチェの試合が気になるため、時々携帯サイトで試合経過を確認。
後半11分途中出場。「よし、平繁のゴールで今日は勝ちだ!!」
後半13分平繁ゴール!!!!!
さらに後半25分平繁2点目のゴール!!!!!!!!!「よっしゃ!!!ようやった!!!!」思わず声が出そうになる。

しかし、残り10分を切ったところで失点してしまう。
この悪い癖はなかなか直らんのー。

まあ、何とか平繁の活躍で勝った、勝った。
寿人不在で心配はしていたが、平繁のおかげだ。
大学からの帰りに、彼の実家に何かお礼のプレゼントを持って行こうかと思ったが、二女が反対するのでやめた。

ところで、木寺選手、脱臼のようだけど大丈夫だろうか。
我がサンフレッチェ、故障が多くて心配だ。

サンフレッチェ広島VS湘南ベルマーレ

二週間ぶりにサンフレッチェの試合が広島ビックアーチであった。

試合に先立って、柏木選手と下田選手のサイン会の抽選券の配布が。
13時半の配布だが先着500名に限られる。
いくら長い時間並んだって、サインをもらえるのは500名のうち100名。
五分の一の確立だ。
二女が柏木選手のファンのため、一時間以上前から行列に加わった。
しかし、そこには二女の姿はない。
当の彼女は、朝から大学のクラブ活動があるため、ビックアーチに来られるのはキックオフの16時ぎりぎりだ。
オヤジ一人並んでいるのは、見た限りでは僕一人。
ちょっと恥ずかしい。
でも、かわいい娘のためだ。
一時間並んで待って抽選券を手に入れた。抽選券
おーおっ!末尾「7」ラッキーセブン。当たるかも?
実は、ホーム開幕試合でも並んだが、見事に一番違いでアウト!

当選番号の発表。
当たりは末尾「4」と「7」。見事当選。

下田選手のサインは、僕の背番号18平繁選手のユニフォームに。下田

そして、柏木選手のサインは娘の背番号10の柏木選手のTシャツに。柏木
恥ずかしく、しんどい目をしたけど本当によかった。

ところで、試合は5対2で勝ったが最後の10分がいけない。
やらなくても良い得点を2点も与えてしまった。
今日は、平繁選手途中出場するもいまいちだった。
次回のホームの試合の日は平繁龍一選手の誕生日。
是非とも、自らのゴールで誕生日を祝福してほしい。

北海道旅行その4

三日目は、天気が思わしくないため札幌に行くことにした。
                           時計台

妻の友人夫婦が行きたいといったので、まずは、「ガッカリ時計台」新婚旅行以来22年ぶり。
22年前、非常に楽しみにしていたが「な~んだ・・・・ガッカリ」と思ったので「ガッカリ時計台」と僕が命名した。
この日は、月曜日で休館日。これまたガッカリ。

次は、旧北海道庁。北海道庁


なんと市内には、馬車が自動車と競争している。
                 馬車


そして以前にもし紹介した、おなじみ(僕にとっては)のまつもと物産
この日は、期待していなかった花咲ガニが・・・・・
「おお!ラッキー!今晩の酒の肴だ!」花咲ガニ

そしてちょうど昼時。昼飯だ!
昨日は、いまいちのうに・いくら丼だったので、今日は生うに丼。
もちろん、まつもと物産の生うに丼だ。生ウニ丼

写真にはないが、かにの鉄砲汁もついてなんと2,000円。昨日とは大違い。
ここのウニは、折のウニを使わず海水につけたウニを使っているのでとても美味い。
妻は、うに・いくら丼の小丼。うに・いくら丼

これでなんと、1,500円。
昨日僕が食べた、うに・いくら丼の半分くらいの価格でこのボリューム。また、ここのいくらもとても美味い。
最後は、太田店長を囲み記念写真。   まつもと物産


また来るぜ札幌。まつもと物産。
もちろん、平取も洞爺湖も。

北海道旅行その3

「民宿ちせ」を後にし、二日目の18日(日)は小樽から積丹へ。
          小樽運河食堂
小樽運河食堂のある店で昼食を取った。うに・いくら丼は値段の割には味も素材もいまいち。小樽ってこの程度か?
                 うに・いくら丼

後日紹介するが、札幌のある店のほうが安くて美味い。
                         小樽運河

小樽運河で記念撮影の後、積丹へ。

残念ながら、積丹の神威岬は、靄がかかっていつもの積丹ブルーが見られない。神威岬

ところが、少しだけ積丹ブルーを見せてくれた。積丹ブルー


羊蹄山の麓を通って羊蹄山
今年サミットの行われる洞爺湖へ。
洞爺湖の宿泊先は、「洞爺観光ホテル」、このホテルは他のホテルが部屋食を始める前から、いち早く部屋食を始めたホテルで、3度目の宿泊だと思う。
仲居さんに聞くと、何でも元は料亭だったとか。
値段もとてもリーズナブル。
食事をとりながら、洞爺湖名物のロングラン花火大会を見物。ロングラン花火大会


最終日は、天気が心配。
どこに行ったかは、後日紹介する。

北海道旅行その2

今日は、朝から明石のクライアントのところへ行き、先ほど帰ってきた。
前回3月に行ったときに比べ新幹線の連絡が悪くなっている。
西明石発着便が、1時間に1本なってしまい、こだまがほとんどなくなっている。
本当に不便になった。

さて、北海道旅行1泊目17日(土)は、福ちゃんの友達である「民宿 ちせ」に宿泊した。
観光シーズンの谷間になっているためか、宿泊客は僕達4人だけだった。
ご主人はとても愉快な人で、なるほど福ちゃんと大の仲良しというのも納得できる。
夜の食事は、屋外のバーベーキューコーナーで、福ちゃんご夫婦、民宿ちせのご主人ご夫婦と、僕達4人の8人でジンギスカン鍋を囲んだ。
ジンギスカンそのものは、あまり珍しいことはないが、何といっても取り立ての山菜は美味だ。
こごみにアイヌねぎ、こごみは広島にもあるが、大きさが全然違う。
アイヌネギは、行者ニンニクともいいとても希少な山菜だ。
においは強いが、元来ニンニクやニラ、ネギの好きな僕にはたまらないご馳走だ。
酒は基本的に持込だったようで(当然持込料はなし)それを知らない僕達は、とりあえず一緒に呑もうと地酒を一升持ち込んでいたがすぐに足りなくなりった。
そのため、民宿の女将さんに頼んで、北海道の地酒をわざわざ買ってきてもらった。

朝食も、地元の山菜三昧で山菜好きの僕にとってはたまらない。
山菜1
山菜2
山菜3
山菜4


最後に、みんなで記念撮影(といっても僕がシャッターを切ったので僕の姿はない)
          民宿ちせ


また、北海道でお友達が増えた。
来年は、是非一緒に山菜狩りをしようと誘ってもらった。
でも、ヒグマが怖い。
ご主人曰く「クマはアイヌの友達さ」

北海道旅行その1

先ほど、北海道から帰ってきた。
一日目は、福ちゃんこと貝沢福治さんに一年ぶりに会いに行った。
福ちゃんは今月、二風谷アイヌ文化博物館の入り口に「福ちゃん民芸」を開店した。福ちゃん

お元気そうでなりよりだ。

ここには、木彫りの名人福ちゃんの彫った、馬にコロポックル、ふくろうといった縁起物の置物のほか、お盆や杖まで並んでいる。
どれもこれも手のかかっているものだ。
福ちゃん民芸


僕は、アイヌの紋様を彫った盆をひとつ購入した。
値段は一万円と高いかもしれないが、これだけの紋様を彫り上げようとするとこの金額は当然というか、むしろ安すぎる。
福ちゃんは、お茶を出すときなどに使えって言ってたが、もったいないので家に飾った。お盆

我が家には、福ちゃんの彫った縁起物がまたひとつ増えた。

福ちゃんから、アイヌの民族衣装を借りて友達夫婦と記念撮影。
記念撮影


そして、福ちゃんの友達が経営している「民宿 ちせ」に宿泊。
「民宿 ちせ」については、明日にでも紹介する。

ちょっと遅い春休み

ゴールデンウィーク中は、スタッフ全員休ませ、僕一人で事務所に詰めていたため、19日月曜日休みを頂いた。
それを利用して、今日から3日間妻の友達夫婦と北海道に行って来る。

北海道が大好きで、これまで何度も行った北海道。
しかし、5月の北海道は新婚旅行以来なんと22年ぶり。
心配していた天気もよさそうで安心した。

妻は今日の準備を夜遅くまでしていたのでまだ床の中。
そろそろ起こさなくては。

結婚記念日

妻と結婚したのが、22年前の今日。
毎日のように喧嘩をし、そして毎日のように仲直りをする。
22年間これの繰り返し。

今日は、妻は町内会の総会に出席。
一年間務めた組長の大役は今日で終了。
妻に対しご苦労さんと声をかけたい。

一方僕は、サンフレッチェ広島対ヴァンフォーレ甲府のサッカー観戦に、二女と一緒に行って来る。
妻は仕事で、僕はお遊び。
ちょっとかわいそうな気はするが・・・・
我がサンフレッチェは、今シーズンは好調だ。
J2だから当たり前といえば当たり前なのだが・・・・
来年は、J1の舞台で首位を突っ走っている姿を見るのが夢だ。

この試合終了後に、家族全員で外食。
僕が外食はあまり好きではないのでほとんどしないが、今日はいつも苦労をかけている妻に少しでも楽をさせてやりたい。

今日は喧嘩と仲直りをせずに済むだろうか?

サンフレッチェ広島VS水戸ホーリーホック

今日は午前中で企業実務の原稿を書き上げ、雨の中午後からサンフレッチェ広島VS水戸ホーリーホックの試合を観戦した。
今日も余裕で勝利すると思いきや、審判の不可解なジャッジ等でレッドカード、イエローカードが飛び交い一時は11人対9人の試合。
圧倒的に不利の中、我がサンフレッチェは後半ロスタイムに森脇のゴールで何とか追いつき、勝ち点1を手に入れた。
                 

雨の中、たくさんのサポーターの後押しがあればこその引き分け劇だったと思う。
サンフレッチェ


それにしても、水戸のサポーターのヘタレなこと。
人数が少ないのは仕方がないが、全員が電光掲示板の下で雨にぬれないように応援している。
選手はずぶぬれで頑張っているんだぞ。
これじゃあサポーターになっていないジャン。

北広島市"老亀"酒蔵 小野酒造

企業実務の編集長には叱られそうだが(締め切りが来ているのに、まだ原稿が書きあがっていない)、先月お邪魔した、古酒「老亀」酒蔵 小野酒造に先代のご仏前に参るため再び訪れた。
先代の奥様には、突然お邪魔したにもかかわらず、快く迎えていただいた。
小野酒造

なんとも趣のある、地酒の酒蔵。
僕自身、これまで四十数件の酒蔵に仕事で行ったことがあるが、ここの蔵は最も好きな蔵の一つ。
           onosyuzo2.jpg


今日は、瓶詰めで忙しくされていたため、社長さんや若奥様とは会話が出来なかったが、先代の奥様にはたくさんのいいお話を聞かせていただいた。

蔵の売り場には、明治32年の第一回広島県の酒類品評会の賞状も。賞状


今日は、吟醸酒の新酒を求めに来たが、まだ少し早かった。
2週間後にまた行くことにしよう。

創建ホームの木の家で

先般もお知らせしたが、昨日、RCCラジオ「大ちゃんの創建ホームの木の家で」という番組の収録に、大ちゃんこと大松しんじさん一同が我が家を訪れた。
我が家の取材は、約10年前の広島テレビのキャンプ番組の取材以来。
相変わらず、僕は噛むわ、二女は固まってしまうわ。
元気なのは妻だけ。
案外、意外だったのは長女のしっかりしたこと。大ちゃんと


番組の放送は、1月26日土曜日午前11時40分から10分間。
是非ご期待あれ。

楽しいお願い見つけた

karishi

下関カモンワーフで見つけた、楽しいお願い。
努力して、カッコイイ彼氏見つけてね。

余部鉄橋

紹介が遅くなったが、先月家族で小旅行に出かけた。
余部鉄橋。
余部鉄橋

鳥取にいた時分には、よくこの鉄橋の下を通ったが、何年ぶりだろう。25年以上は経っていると思う。
懐かしいなあ。

特に二女は買ってもらったばかりの、一眼レフカメラで何枚もシャッターを切っていた。

橋下弁護士には、ちょっとガッカリ。

橋下弁護士には、個人的には好感を持っていた。
特にあの光市母子殺害事件の被告側弁護団とのやり取りは非常に好印象だ。

被告側弁護団には、広島弁護士会所属の弁護士が名を連ねているが、その中に僕の顔見知りの弁護士もいる。
ある会合の席でその弁護士と一緒になったが、彼のあの傲慢な態度には僕自身あいた口が塞がらなかった。
弁護士ってそんなに偉いのかと、心底思った。
でも、橋下弁護士は庶民的な匂いが漂う弁護士だ。

それではなぜ、橋下弁護士にちょっとガッカリしたかというと、何で自民党なのだということだ。
今朝のある番組で、あるタレントが言っていた「経済界の応援を取り付けられたから、彼は決断したのだろう。」という言葉だ。
「橋下弁護士は、庶民の味方と違うんか!」
本当のことはまだ分からないが、これが本当なら・・・・・
もし本当なら、彼の理想の府政など到底かなうわけがない。

ラジオ局からの取材依頼

といっても、仕事の取材の依頼ではない。
3年前に自宅を新築した際、地元の住宅メーカー創建ホームで建てたため、RCCラジオ「大ちゃんの創建ホームの木の家で」という番組で、僕の家族と家が紹介されることになった。

この間、テレビ局の取材は断ったが、今度は断る理由がないので快諾した。
来年1月に取材に来て、多分同月にラジオ放送されるはずだ。
広島以外の人でも、ホームページから聞くことができるので興味がある方は是非お聴きいただきたい。

奥出雲新そば祭り

昨日は、新そばを食すために「奥出雲新そば祭り」の情報を見つけ、奥出雲町まで足を運んだ。

奥出雲玄庵に入ったのが、午前11時30分頃。
先客は3組10人程度。
この店は初めてなので、店の人にお勧めを聞いた。
鴨南蛮の10割そばがお勧めだというので、早速注文。
一食1400円するので少々高い気もするが・・・・
待つこと10分弱、お目当ての新そばが目の前に。sinsoba1

食べようとしたとたん、ぞろぞろと客が、すぐに店は一杯になり行列が・・・・
「ラッキー!」と心の中でつぶやきながら、いただきまーす!!!
1400円は少し高いが、これが美味くて量も多い。
結構腹持ちがしたため、次の2杯目のそばをなかなか食べられない。

そのため、奥出雲町を後にし出雲大社へ。
この近辺にはそば屋はたくさんあるが、あまり評判のいい店はない。
それにあまりお腹も空いていない。

「そうだ!帰りに一福に行こう!」
一福本店は、奥出雲町の隣の飯南町にある。
ここのそばもなかなか美味しい。
ここでは割り子そばを頼んだ。
sinsoba2

午後4時近いというのに、店はほぼ満杯。

この時期は、新そばが出回るので美味しいそば屋はどこも一杯。

来週末は、豊平でそばまつりがある。
娘の通う乗馬クラブ豊平馬事公苑のすぐ近くだ。
17日か18日には是非行ってみたい。

ザクロ

ザクロ

庭のザクロが、3年ぶりに実った。
植え替えてから、何故だか実はつけるが割れてしまうまでに寒くなって、実らなかった。
4年前には10個以上実ったが、今年はたったの2個。
来年からは、以前のようにたくさん実をつけ実って欲しい。

迷い猫

僕の家に、先日可愛い猫ちゃんが迷い込んできた。
本当のところは、事務所や自宅の近くには野良猫が多く、野良猫の糞尿や、畑荒らしでとても迷惑している。
そのため、元来動物好きの僕も猫はあまり好きでなくなっていた。

ところがこの猫ちゃん、普通の猫とは違う。
追い払っても追い払っても、僕の後をついてくるどころか、家に入れろとねだってくる。

近所でも猫が迷子になったという話は聞かない。
警察に連絡したが、遺失物としては預れないという。
動物管理センターでは、1週間引き取り手が見つからないと処分するという。
かといって、僕のうちで飼うわけにはいかない。
そのため、今週の火曜日に豊平馬事公苑にもらって貰った。
お馬さんや、犬やヤギ、そして他の猫ちゃんと対面し、すぐに仲良くなった。
猫ちゃん


ところが、嬉しいことかそれとも残念なことか、今日飼い主が見つかった。
豊平馬事公苑の武智さんも、飼い主が見つかって嬉しい反面ちょっと寂しそう。


「子」がつく名前

僕の娘の名前は、二人とも「子」の字がついた二文字の名前だ。
長女は妻が名付けた。
二女は僕が名付けたものだ。

娘達の同級生には、ほとんどこの「子」の字のついた名前の子はいない。
古臭い地味な名前だということで、30年位前から敬遠されたものだ。
ところが僕達夫婦は考えた。
娘達が年頃になるころには、○子という名前はきっとトレンディーな名前になっているはずだ。

ある会社が、小学5年、中学2年、高校2年の男女各300人を対象に実施した、将来の自分の子供につけたい名前アンケート調査を行った結果、僕の二女の名前は堂々5番目にランキングされている。
長女の名前も、スポーツ界や芸能界等で活躍している人がいるため、娘の友人達からは人気の名前だ。

娘達には、「お父さんや、お母さんはよく考えただろう」と自慢している。
娘達もきっと自分の名前は気に入ってくれていると思う。
ただ、へそ曲がりの長女は「自分で自分の名前をつけとったら、絶対○子という名前はつけとらん。」と言っているが・・・・

全く話は変わるが、まだ二女が小学生の頃、色んなところでこんな話をしていた。
よそのおばさん「あら、子がつく名前なんて今どき珍しいわね。」
妻「そう、でもいい名前でしょ。」
二女「うちでは、家族全員最後に『こ』がつく名前じゃもん全然珍しいことないもんね。」
よそのおばさん「えっ、お父さんも」
二女「うん。そう。」
よそのおばさん「?????」

僕の名前は輝彦(てるひこ)。立派に一番最後に「こ」がついている。

甲賀流忍術屋敷

朝からのあいにくの雨のため、室内で楽しめる場所として選んだのが、『甲賀流忍術屋敷』
甲賀流忍術屋敷

入場料は一人600円。
ここの評価は、色々分かれるところだが、我が家では大好評。
ここのおじいさんの面白い話も聞けるし、手裏剣体験も。
そして我が家の、くの一三人集は忍者に変身して大喜び。
くの一三人集


三時間近くもここで楽しんだ。

関ヶ原&彦根城。そして、ひこにゃん登場!

昨日は、家族で一泊のミニ旅行。
まずは、関ヶ原古戦場。
関ヶ原

400年以上も前にここであの天下分かれ目の合戦があったのかと思うと、感慨深いものがある。

そして国宝彦根城。彦根城

ちょうど築城400年に当たるため、いろんなイベントが。
その中のひとつ
ひこにゃん
ひこにゃん登場!

泊まりは、ひとり一泊3490円のスーパーホテル南彦根駅前
朝食がついてこのお値段。

今日あいにくの雨。
二女の希望。
忍者になりたい。
これから、甲賀に行こうか伊賀にしようか。

丸亀城

今日は、妻と真鍋島に渡る予定で、朝早く弁当を持って出かけた。
ところが、沢山あるはずの無料駐車場がいっぱいで車が駐車できず、あえなく断念。
どうも、地元民の駐車場になっているようだ。

そのため、足を伸ばして瀬戸大橋を渡り四国の丸亀城に行った。丸亀城

小さなお城であるが、何となく優雅さを感じる。
また、石垣はたいしたもの。

最近は、結構お城めぐりをしている。

皆既月食

皆既月食

運よく見れた。
ちなみに、撮影者は二女。

デジカメの性能がよくないのでこの程度でごめんなさい。
二女は、大学合格のプレゼントに一眼レフデジカメを欲しがっている。

どうも写真を撮るのが好きらしい。

二女からの電話

今日の研修会の昼休憩中、高校3年の二女から電話があった。
先日受験した大学のAO入試に、合格したという。

二女は、思ったことを文章や言葉で表現することが、とても苦手な娘だ。
そんな娘がAO入試にチャレンジすることは、家族全員が止めた。

しかし、どうしても受験させろと訴える。
中学受験の際も、AO入試にチャレンジさせたが、あえなく撃沈した苦い経験がある。
自分が苦手だということは、よく理解してからのチャレンジだった。

親バカ丸出しだが、僕が思っている以上に成長している。
なんとも楽しみな娘だ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。